東京から帰ってきました。

 日曜日はまず幕張のサイクルモードに出かけてみた。ツーリング用のセカンドシューズがもうボロボロなので気になるシューズをシマノで眺めたり、LOOKのヒュエズとか、ヨネックスのフレームがやはりとってもかっこ良さげ。
IMG_2998.jpg

 自転車専門学校生の作品にも(乗りにくそうだけど)面白い乗り物が提案されてたし。
IMG_3001.jpg

 自転車用の風洞装置にはかなり驚いた。この装置で時速50km/h相当の風を送れるそう。畳んで運べるし、100Vで動くって。。。
IMG_3006.jpg

 E口さん、がんばれ!
IMG_3002.jpg

 その後東京ビックサイトの東京モーターショーに移動し、二輪を中心に色々見て周り、ホテルに戻った。そうそう最近のモーターショーはいわゆるカタログ類を配るところが非常に少なくなっていて、例えば外国メーカーはほとんど配っていないか、アンケートに答えるとカタログもらえたり、二次元バーコードを印刷したカード状のものを配って「詳しくはWEBで」って感じ。

 翌朝の何時に出発しようかちょっと迷ったけど、往路の都会渋滞にかなり苦労したので東京から戸塚くらいまでの都会地域は早く抜けたいなぁと4時に出発することにした。朝ごはんは前夜にコンビニで小さいグラノーラ買って牛乳入れて冷蔵庫で冷やしてヒタヒタになったのを食べる。最近のグラノーラの袋は丈夫だし開けても密封できるようにジップロックのようになっているので牛乳いれても全く平気で旅先で重宝してます。

 結局準備して3時半すぎにホテルを出る。復路に必要のないカタログや服、ディパックなんかは前夜のうちにホテルから自宅に宅配便で送ったのでとっても身軽。朝の4時でも大型トラックなどがガンガン走っている東京の街を走り出す。

 銀座4丁目にある日産のギャラリーではその時間でもたくさんの人が作業していて何をしているんだろうと見てみると、なんと日曜日に閉幕したモーターショーのコンセプトカーを夜中に運んできて、設置作業を朝までやってた。。。すごいなぁ。

 朝でも信号待ちは容赦なく、けっこうつかまる。まぁでも交通量は圧倒的に少ないので走りやすい。うーん西行きはこの時間帯スタートが良さそうだな。ん?。

 東京からの西行きは初めてなのでかなり緊張。道路の左右が違うだけで基本は同じ道なんだけど、右左折の際に結構違うのでドキドキしながら走行。横浜駅での15号線から1号線合流とか、横浜新道じゃなくて戸塚駅方面への左折とか、藤沢バイパスじゃなくて30号線への左折とか、まぁGPSがなくてもなんとかなったけど、やっぱり交通量が少なくないと非常に走りにくいルートではある。戸塚あたりですっかり明るくなって、順調に海岸線の134号に出て、湘南エリアを朝日を浴びながら走る。。。大磯駅付近で再び1号線に合流、街はそろそろ通勤時間帯だけど、ここまでくればそれほど渋滞してないし、風向きも良く順調に走行。

 箱根を越えるか246に迂回するか前夜まで迷ってたが、箱根旧道に挑むことにした。三枚橋で左折し温泉街の登り坂を走り抜ける。このあたりは街中温泉だらけで道路ににも温泉が流れ出てて、ちょっと温泉の香りすらする。温泉街を抜けていよいよ七曲り。左コーナーの内側はすごい傾斜になってる。。。これで車が多いと内側を走るしかないけど、旧道だし、朝なのでほとんど車がこないので左コーナーはセンターラインまで膨らんで傾斜をやり過ごす感じでなんとか走破。距離が短いからなんとかなったなぁ。

 往路は非常に混んでた芦ノ湖周辺もかるーく通過し、登り返して道の駅から芦ノ湖を眺めるために初めて休憩。写真撮って、水買って、また走りだす。箱根峠からは素敵にダウンヒルを楽しんだけど、あまりペダルを回さないで三島に降りてきてからいざペダルを回し始めると、まぁ足がだるいだるい。

 なんか基本的に西行きの方が自転車用の道が整備されている気がする。富士川を渡る橋の歩道も下流側の方が広いし、由比あたりの例の自転車道もわざわざ陸橋まで用意して道路を渡るようになってるし、そんなこんなで清水あたりまで順調だったけど、その後はかなりの向かい風を受けて速度が出ない。。。静岡を過ぎて丸子のコンビニでお昼ご飯ピットイン。

 その後はまぁなんとか自宅にたどり着きました。グロス走行時間10時間30分ほど。往路より30分も早い。ネット走行時間は往復でそれほど変わらないので、やはり都会渋滞で差がでたのかなぁ。

 あー疲れた。
スポンサーサイト

ちょっと東京まで

 東京モーターショーとサイクルモードは同じ時期に開催してくれるので、これは行かねばなるまい。2年前だったかにも同時開催だったので自転車で行ったけど、帰りは実業団レースに参加していたチームの車に同乗させてもらった。あわよくば今年も同じパターンでと考えたものの、最終戦の幕張は出場が抽選で、外れてしまったSDLからは出場がなく、ということは帰りも自走決定。

 今回は二日目にモーターショーとサイクルモードに行くので自転車ジャージじゃない服装が必要。仕方がないのでディパックを背負うことに。朝5時に自宅を出発して予定では11時間程度で日本橋に到着するはず。最近の5時はまだ真っ暗だけど走り出す。あれ?サイコンの速度表示が安定しないなぁ。時々0になったり低い数字だったり。速度表示が不安定なので積算距離も低く出てる。あーリヤホイールをパワータップから普通のに交換したせいかな。サイコンを再起動させたり、リヤホイールセンサーを調整したりするも改善せず。まぁロングライダーは一旦走り出すと極力止まりたくない人種なので、止まって落ち着いて治すという思考が働かず、そのまま走る。

 1時間でミカザト、2時間走行で安倍川、3時間で由比と順調に走行。ポケットにはいつものように豆大福6個入りを装備。1時間ごとに食べながら走る。サイコンがあてにならなくなって気持ちがダダ下がり。まぁ走行はスムーズで無事に富士川のかつぎをこなして橋を渡りきる。渡ったところの道の駅でトイレ休憩と水補給。お腹がなんだかやたら空いたので豆大福3個もいっきに食べる。

 しばらく1号線走ってから、田子の浦でう回路に入る。前方にビアンキさん発見。少しして追い抜いたらどうも後ろに気配が。自然とピッチが上がる。。。いかんね、自分のペース守ればいいのについ「良いカッコしい」になってしまう。。。

 んで千本松原突入。気持ちよくなってしまっていつのまにか心拍160後半に、ありゃ上げすぎだ。。。ビアンキさんいつのまにかいなくなる。でも千本松原はまだ続く。こんなに長かったっけ。。。4時間走行で千本松原途中の原駅。

 走りながらふと、そっかケイデンス用の磁石をリヤホイールに重ねてクリアランスを詰めればいいんじゃね?と信号待ちでペダルシャフトにつけてある磁石を外して、リヤホイールの磁石に重ねる。あ、メーターが正常になった。なんだ早く気づけよ。。。

 ようやく松原区間終わってまた1号線に合流し、いよいよ箱根。キャノンボールタイムアタックしていないので気楽に上り始める。それほど重くなはいとはいえやっぱり背中に荷物を背負ったままの登坂は腰にくる。。。もう箱根も何度か上っているのでコースの感じを覚えているので「まだか?まだか?」とあまり絶望的にならず頂上まで。 

IMG_2992.jpg

 いつもの場所で写真を撮ってさっさと下り始める。今回はアンダーにおたふく手袋製の裏起毛アンダーを着ている。平坦路はそれほど汗をかかないけど、さすがに箱根を上ると汗だらだら。下りの汗冷えを心配したけど、さすがおたふく。汗を外に排出してくれるので箱根を下ってもあまり汗冷えを感じない。芦ノ湖あたりから観光客がすごくて(当たり前か)ここを通るときはほとんど夜中なのでこんなに車も人も多いなんて想像してなかった。。。渋滞の脇をゆっくり抜けて旧道で下り出す。ここも車いっぱい。自転車で上がってくる人も多い。旧道は勾配が激しいのにみんなすごいなぁ。

 三枚橋まで下りてきて1号線に合流。気持ちよく東へ進む。そろそろお腹が減ってきたので小田原酒匂川越えたあたりのコンビニにピットイン。朝から定期的に補給しながら走っていてもちゃんとお昼時間になるとお腹が空くのはなぜだろう?大き目のスパゲッティとバナナ、コーヒー牛乳、水を買って店内で食べる。少しして自転車乗りっぽい格好をしたやたら痩身の若者が入ってきて隣に座った。ふと見るとはなしに視線をやると、足元がスニーカー。あ、フラぺの人か、と気にせず食事を済ませて外に出てびっくり。けびん号の横にとてつもなく荷物を積んだ若者を自転車が止めてあった。

IMG_2994.jpg

 前後サイドバック、後ろの荷物は半端ない量。しかも超ロングライダー御用達のソーラーパネル充電器装備。こりゃ只者ではないな。フラぺか、とやや軽く見てごめん。ほどなくして若者も出てきた。
「すごい荷物だね」
「???」
「あ、(日本人じゃないのか)、英語話せる?」
話を聞くと、北京に住む中国人で、中国、台湾と旅をして日本にやってきたそう。これから大阪へ向かうという。え?この荷物で箱根上がるのか?ビザが15日まであるのでゆっくり行くよ、だって。すごなぁ。たくましい若者を見るのは楽しい。

 再び走り出す。大磯まで行って134号線に入って海岸線を気持ちよく走る。夜中はなんにも面白くないけど昼間はサーフボード抱えた人とか自転車も多いので飽きずに走行できて楽しい。江の島も遠くに見えたころの藤沢で左折して30号を進み、1号線に合流。げ、ここって車が右車線から合流か。。。危ない。

 戸塚の踏切もなんなくぐって再び1号線へ。この辺りから渋滞と信号停止が非常に長くなってくる。まぁのんびり行きますかと思ったものの残り距離と時間を考えると11時間を切るのはぎりぎりな様子。こりゃしっかり走るしかないでしょう。とピッチを保って走る。横浜駅を過ぎて15号線に入る。なんか気づいたら多摩川渡って東京に入った。

 おや、やたらパトカーや白バイが多いぞ。あーそうかどっかの大統領が来るんだ。それにしてもパトカーの数が尋常ではない。道端の派出所もすべてお巡りさんが立哨している。

そんな警備をかいくぐって(いや別に逃げているわけではないですが)、品川駅を過ぎて大都会に入ってきた。時間を確認すると11時間を余裕で切れそう。ふふ、やったね。気持ちよく走って新橋を過ぎたあたりで車が激しく渋滞している。?と思ってみると銀座はこの時間歩行者天国になっている!!!自転車も通行禁止。え!と思う間もなく迂回させられる。決めたルートを通るのは得意ですが、外れると方向感覚のなさにはかなりの自信を持っており、たぶんこっちかなぁ、と思った方向はかなりの確率で間違います。余裕だった時間もかなりやばくなりながら、銀座を楽しく散策されている人々の群れを自転車でかき分けながら、なんとか日本橋に到着!

IMG_2995.jpg

 10時間57分。正確な距離はわからんけど、まぁ袋井の自宅から日本橋まで。

 さて、明日は東京モーターショーとサイクルモード見物に出かけよう。

旅に出ます。

IMG_2465.jpg

 トライアスリートさんのブログで教えてもらった輪行便利グッズ。百均で便座カバー買ってきてチェーンリングに通してチェーンをカバー。伸びるし、周長ぴったりだし、輪行バッグの中で汚れないし、作業楽だし、安いし。いやぁこれはグッドアイデアだ。

IMG_2466.jpg

と、いうことで、輪行バッグに自転車詰め込んで北の大地に旅立ってきます。

大阪〜東京 キャノンボール2017 その後編

 日本橋にゴールして、写真を撮ってその場にへたり込ん出たら、TIMEに乗ったいかにもキャノボな方登場。話をすると5時出発で中山道キャノボに出発するとか、すごいね。お互い写真撮ったりしてエールを送る。けびんはSNS的なことをやっていないのでなんかノリ悪くてすみません。。。

 その後ノロノロと日本橋郵便局に向かう。え?窓口7時から???今5時だし。。。。かなりのショックを数十メートル先のセブンに向かう。正直ちょっとサドルにはまたがりたくない気分なんですけど。。。そしてもうコンビニ食は飲み食いしたくないんですけど、、、5時じゃどこも開いていないので、仕方なくセブンでコーヒーとサンドイッチを買う。イートインスペースがないので外で座り込んで、飲み食いしてFreeWifiでネット見てたら寒いし、眠いし。

 あ、結局キャボ中一睡もしなかったな。

 セブンのガラスにもたれて寝る。。。あまりの寒さに起きる。身体を動かすために仕方なく自転車に乗ってそこら辺をウロウロする。だんだん街が起き出して人も増えてくる。ようやく7時になり、郵便局で大阪で預けた荷物を受けとる。よかった到着してて。

 そのまま日比谷に行き、HIBIYA RIDEに入る。前回作ったビジターのスタンプカード持参してたのですんなり1500円払って自転車を預け、シャワーを浴びる。

 あー、長距離の後のシャワーは格別だわさ。あまりの気持ちよさにかなり長時間シャワーを浴びる。周囲には通勤でこの施設を利用されている会員の方々がランやバイクの格好からスーツ姿に着替えて颯爽と出勤していく。

 とりあえずジャージを脱いでシャワーを浴びて普通の服に着替えただけでもホッとする。さて何を食べるか、シャワーを浴びながらずっとその事を考える。まだ朝早いのでランチはどこもやってないし、かといってコーヒーショップじゃ面白くないし、そうだどっかのホテルで優雅に朝食だな。
 
 日比谷公園の真下にあるHIBIYA RIDEを出て、一番最初に見えるホテルで朝食食べようと企んで地上にでる。通りの向かいにでかいホテルがあった。よしここだな、と近づくと「いんぺりあるほてる」とか英語で書いてある、、えーっと、帝国ホテルすか。。。え! 途端に怖気付いて計画を変更する。いくらなんでも帝国ホテルじゃなぁ。。。。

 銀座4丁目の交差点にあるカフェの2階で三越のライオンを眺めながらモーニングを食べた。
IMG_2231.jpg

 ま、もう行くところもないので、HIBIYA RIDEに戻ってロッカーから荷物を出して自転車も出して東京駅へ向かい、新幹線に乗ってあっという間に静岡へ帰りましたとさ。

*****

 さて、今回の達成要因としては、ミスコースしなかった事と、定期的な補給。んで短い区間で区切ったペース走だろうか。コンビニストップは計7回ながらも、15分休憩は3回に抑えられたのが良かったし、ペース表も走り終わった部分を赤ペンで消し込んでちょっとでも自分のモチベーションアップにつなげた。

 スタート時間を早めて、しかもペースが良かったので睡魔が襲ってくる時間帯(深夜2時から4時頃)は結構ゴールに近づいていたので、テンション上がり目でいけたのが良かったようだ。

 パンクもしなかったし。

 まぁやっぱり幹線道路脇を自転車で走るのは非常に危ないのでリピートはしないと思います。ブルベは出るかもな。

 さて、ようやく、

「キャノンボーラーになれました!」

 おしまい。

大阪〜東京 キャノンボール2017 後編

 事故後の予定外のピットインで気分を入れ替えて走り出す。周囲はすっかり暗くなてきたので速度は控えめになる。藤枝静岡と順調にこなし、清水に入ってバイパス回避の旧道へ。そのまま興津から富士方面へ。富士川を渡る回避ルートも間違わずにこなせて、自転車を担いで土手に上がって橋の北側歩道を通って渡る。

 渡りきって道の駅から1号線に出て江川の交差点まで行き、くねくねっとバイパス回避して田子の浦に出てからの吉原駅方面へ。ここら辺は前回間違った部分で復習すみなので無難に通過する。田子の浦は港の倉庫街なので夜は雰囲気がちょっと怖いけどね。

 沼津バイパス回避ルートを進み、補給食がなくなったので仕方なくピットイン。水とバナナ、おにぎり2個買って店内スペースで食べる。そろそろ箱根の準備しなきゃな。事故後のピットインでソルマックもドープしたので胃腸は問題なく、固形物がまだまだ食べられる。セブンのカリカリ梅むすびが好物です。ここは計画的に15分休憩にした。

 んで、ひたすら千本浜を進む。三島に入り、いよいよ箱根が迫ってきた。気合を入れるためにセブンにピットインして、まだ余裕はあったけど水を買って2本のボトルを満タンにして、さらに眠眠打破をレッドブルで割るというまぁ凶悪なスペシャルドリンクを作って飲み干す。時刻は夜の10時半。タイムテーブルでは1時間半掛かってもいいのでとにかく途中で止まらないことを目指して登り始める。12時までに山頂につきたい。

 登り始めるとやっぱり変速がちょっと不調。落車の影響でインナーローに入らない。悔やんでも仕方がないので39−25Tで登る。おや。なんか身体がまだ動くね。そこまで深夜でもないけど交通量が少ないので車道わきを走る。メーター読みで12km/hくらいでは登れる感じ。いいじゃん。

hakone data

気温もさほど低くなく、眠気も疲労もあまり感じない。データを見ると一桁速度に落ち込んだのは数える程で、山頂まで1時間15分ほどで登れた。どうした?おれ。補給がうまくいったのか?山頂で止まっていても良いことはひとつもないので、さっさとウィンドブレーカーを取り出して、着る。着る。あれ?ファスナーが錆付いていて上がらん。。。仕方なくそのまま羽織るだけにしてまずは芦ノ湖まで下る。

 芦ノ湖湖畔のセブンイレブンにはこの時間でもローディーが何人か休憩していた。

 鳥居をくぐって少し登り返して、今回は旧道を下ることにする。VOLT800の威力は絶大で、暗闇でも問題なく下れるが、ほどなくして七曲手前あたりから路面のタイヤマークが尋常ではなくなってくる。。。ヘアピン進入直前に反対車線側に飛び出してからのヘアピン進入というラインが無数についている。。。。こんなにタイヤマークを見たのは初めてかも。。。。まさか走ってこないよね?めちゃめちゃ怖いんですけど。耳をすませながら下っているとほどなくしてタイヤのスキール音が聞こえてきた。。。。ひやぁー。。。道路の左端を走るが、エンジン音とタイヤの鳴る音がどんどん下ってくる。。。。ヘッドライトで後方から照らされた。。。途端にサイドブレーキスピンターンかまして再びフル加速で登っていきました。。。。なんてところだ。。。

 ほとんど降りてきて温泉街を抜け、三枚橋で1号線に出てきた。ここからは緩やかな下り基調でぐんぐん飛ばす。タイムテーブル的には余裕があって22時間ちょっとで達成できそうな勢いだったけど、パンク1回でどうなるか分からないのではしゃがずに淡々と走る。

 お腹が減ったのでポケットに入れてたおにぎりを走りながら食べる。うまい。下り基調の小田原ボーナス区間を経て、二宮、大磯あたりではすっかり平坦に。まぁ大磯クリテで何度も通っているので問題なく走行。大磯駅前から134号線に入る。昼間ならまだしも夜中の134号線はなにも面白くない。景色は変わらず極めて単調だし。江ノ島の手前あたりで県道30号線に入って藤沢駅の方へ向かう。あれこんなに登ってるんだ。。。結構登らされた。

 なんとか1号線に合流し、前回迷走を重ねた戸塚駅へのアプローチ、最後のバイパス回避コースに向かう。もちろんストリートビューで予習してあるのでドミノピザの交差点を右折して突き当たりの線路まで行き、アンダーパスをくぐって無事に線路を越えた。ほっとしたので最後のピットイン。時刻は深夜の2時半近くで寒かったので水と缶コーヒー、赤飯おむすびを買って店の前で座って食べる。あーなんとかなりそうかなぁ。。。ようやくほっとする。

 1号線に無事に出て、あとは東京まで無事に走るだけだが、さすがに疲労蓄積で速度が出ない。30km/hなんてとても出ないし、25km/hさえ怪しい感じ。まぁ時間貯金があるので無理せずのんびり走る。やはりキャノボは序盤ゲームだな。

 横浜駅すぎて15号線に入る。品川、日本橋までの距離看板が出てきた。まぁ夜明けには時間があるので、交通量は少ないが信号は相変わらずですぐに止められる。速度は全く出せないので焦らずのんびりモードで走る。

 六郷橋のちょとした回避ルートを走っていよいよ東京都へ。

 品川駅もまだ人がほとんどいなくて、都内に入っていく。銀座8丁目からのカウントダウンもこなして、いよいよ日本橋が見えてきた。早朝4時過ぎで、車もほとんどいないので、ジャージを直すフリをして(寒いのでジッパーは上まで引き上げてたけど)両手をあげてゴールへ向かう。が、まだハンドルが若干曲がってて、両手を離すとフラついたので急いでしっかりハンドルを握る。

 ゴール!!!!!!!!!!!!!

IMG_2226.jpg
IMG_2229.jpg


 走行距離 526.5km
 走行時間 22時間41分47秒(グロス)
 走行時間 20時間16分19秒(ネット)
 平均速度 23.2km/h(グロス)
 平均速度 25.8km/h(ネット)
 獲得標高 3650m
 
プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリ
走行距離
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント