実業団 鴨川ブルークリテリウム E2 28位 ぎりぎり完走

 実業団レースは今シーズン初。土曜日のタイムトライアルと日曜日のクリテリウムに参加するために土曜日の早朝家を出発。天気予報の雨予測はばっちり当たって受付の鴨川市役所に到着する頃はしっかり本降りの雨。

 ミーティングが始まるまで車で待つ間に、「これは中止かなぁ」と極めて消極的になっていたが、ミーティングでは「雨でも頑張ってください!」とのこと。走るか。。。

 競技会場に移動して準備。昨年もこの大会に参加したけど、今年は逆回りになっているのでしっかり試走しとかねば。と着替えて思い切って雨の中走り出す。雨も濡れるまではいやだけど、濡れてしまえばもう気持ちを切り替えるので15分ほど周回を重ねる。GIROのエアロヘルメットにスモークバイザーだと暗くて見えにくいのでバイザーは外してメガネで走る。

 試走を終えて、すっかりびしょ濡れなのでそのままローラーでアップを続けようと思ったものの、今日は3本しか持ってこなかったのが大失敗。雨でローラーが濡れて滑ってしまってすぐに落車しそうになってまともに走れない。。。あー固定持って来ればよかった。。。。

 E3が全員出走して、E2の番が来たけどなんか雨風が強くなってきてない???出走は4番目だったので早めにいって並んでたらすっかり冷え切ってしまって、まぁもうレースどころではなくなってきた。早く走ってしまいたい。。。ブルブル。

 んでスタート。ダッシュしていくけどアップもまともにしていないし身体はすっかり冷え切っているし、すぐに呼吸困難になって、ヘロヘロのままゴール。急いで着替えて車で待機していると、あれ?なんか選手が走ってこない。。。どうやら中断された様子。その後緊急ミーティングが開催され、降雨量が増えて周回コースのあちこちで冠水状態のためこのまま中止。。。。E3はレース成立したものの途中で中断したE2とまだ走っていないE1は不成立で参加ポイントを全員に付与とのこと。あーあ。

 ま、日曜日は晴れ予報だったのでさっさと競技会場を離れて宿に向かい、お風呂に入ってご飯食べに行って寝る。

 日曜日。晴れだけど雲多し。会場でしっかりアップして自転車並べてミソノイのY田くんと話しながらスタートを待つ。んで、2組目スタート。23周回約30kmのレース。最初はローリングで、少し走って本格スタート時には結構後ろの方。すぐに集団速度が上がって早くもピンチ。やっぱり実業団、序盤から速いしこのコースはかなり細かいコーナーが多いのでおのずとインターバルかかるかかる。。。

 スタート直後は集団前から3分の2くらいだったけど、すぐにほぼ最後尾にズルズル。Y田くんも同じような位置。とにかくインターバルが弱すぎ。ついていけない。。。最初の5周回くらいでもう弱気になってくる。あーもうだめ。。。そのうちに後ろからオートバイのエンジン音が聞こえてくる。。。一応集団は切れずに一つだけど、その最後方で、ダメになった人から切れてく感じ。

 レースの残り周回半分で完全に弱気になってたけど、徐々に集団の中程が緩んでくる。なんとか序盤の混乱を乗り切った感じ。少し心に余裕ができたけど、位置を前に進めるような走りまでは到底できない。それでも周回を重ねて、小さいコーナーの手前では少し前との距離をとってブレーキをかけずに入れるように調整してインターバルをかけずにすり抜ける作戦。が、メインストレートでの速度アップにはとても対応できない。。。

 それでもなんとか完走。。。28位。後ろから数えた方がはるかに早いけど足切りよりは完走ポイントのほうがはるかに大きいので、まぁいいか。

 ヘトヘトで後片付けして、早めに会場を後にする。今日は夜にナルさんの本州1周TT(冷静に考えると意味がわからんね、本州1周TTって。。。)お祝い宴会にキャノボ初達成のけびんも混ぜてもらう予定。

 帰りの道中で横浜に寄ったら、ちょうどトライアスロンをやっててまだ自転車で走ってる人もいた。いやぁけびんもそろそろ種目変更を考えんといかんかなぁ。。。

 無事に自宅まで戻り、夜は浜松で宴会。1日19時間走ってホテルに5時間滞在して4時間睡眠1時間洗濯、食事、身支度。これを8回か9回こなせば本州1周できるそうです。。。。ってどういうことなのか想像がつかない。。。

 まぁファットバイクのエアボリュームに助けられたという話は面白かったけど、、、、それにしてもファットだよ。。。どうかしてる。。。。と言いつつ28Cのタイヤが入るロードバイクってないのかなぁ、と少し興味が出た。

 キャノボにしろ、本州TTにしろ、ツーリングと決定的に違うところは、達成までのハンデが絶妙というところ。キャノボは24時間だし、本州TTは9日間だし。このハンデが絶妙に設定されているから達成までの魅力があるんだろうなとなるさんの話を聞いていて思った。

 やっぱりゲームを面白くするのはハンデ師の手腕にかかっているんだな。
スポンサーサイト

大磯クリテリウム シニアクラス 2位 からの江ノ島サイクリング

 今日は大磯クリテリウム。いつもより1時間早い時間でノブヤンさんと出発。絶好の天気に恵まれながら無事に現地着。もうすっかり慣れたので、受付してゆっくりしてからアップを始める。あ、心拍上がりが早いな、多分気温が高いせい。

 時間通りに集合場所に行くが今日は風がほとんどない。これは前回同様逃げにくい状況。。。。

 スタート合図があって1.5周のローリングが始まる。いつものようにWALKRIDEさんが即日アップしてくれるレース動画からの切り出しで解説。いつものようにローリングから気合い十分なノブヤンさん。
19mar2017 1

 アクチュアルスタート後も気合い入ってます。
19mar2017 2

 けびんの今日の作戦は、逃げにくい状況なので最初は後方待機、その後前で展開。勝負はゴールスプリントになる予想十分なので、それに備える。。。。スタート後、シリーズランキング首位の方にきっちりマークされる。
19mar2017 3

 バックストレートでもマーク。まぁ、そんなに警戒しなくてもシリーズチャンプはこの方にほぼ決まりなんですけどね。
19mar2017 5

 前に押し出される感じで前目展開。ARIの方は危険なのでちゃんとチェックする。
19mar2017 7

 でも、今日は無理しない。バックストレート立ち上がりで先頭で出て行くも、すぐに横にはけて後ろから上がってもらう。さすがに道中ペースが遅すぎかなぁと思ったけど、今日は勝負に徹するのだ。
19mar2017 8

 残り3周、やっぱりARIの方がスローペースに嫌気がさしたのか、速度を上げた。もちろんきっちりマーク。程なくして集団も追いついた。
19mar2017 10

 残り2周、バックストレートで赤いジャージの方が右に飛び出してアタックかけた! それに気づくけびん。「あ、いかん、この人のアタック厳しいんだった。
19mar2017 11

 赤いジャージに60の文字なので、どうやら年齢的に大先輩だし、ここは若手?が牽くもんだが、今日は勝負に徹しますよ、きっちりマーク。
19mar2017 12

 メインストリート側でも後ろにつける。せこいなぁ。。。。
19mar2017 13

 そして迎えた最終周回、バックストレートでシリーズチャンプの中野さんが仕掛けた。すぐに反応して追うが、内側からいい感じに速度を乗せてきた方がトップで最終コーナーに入る。

 ここからのスプリントの模様はYoutubeでご覧ください。




 



 ハンドルを懸命に投げるも、ちょっと届かず。。。またもやシルバーコレクター。
19mar2017 20

 今回は2位の副賞で井上蒲鉾のさんのさつま揚げをいただきました。家でたいへんおいしくいただきました。

 さらに副賞として15分間のマッサージ券をいただいたので、会場にブースを出していたマッサージの方にほぐしてもらった。オイルマッサージしてもらってまぁ気持ちいい。お尻の筋肉からくる太もも横あたりが固いねと指摘を受ける。はい、結構痛かったです。で、自分でやるストレッチの方法も教わった。

 レースは最後差さないとねぇ、、、、。また練習しますかね。

 レースの後はノブヤンさんとうららかな春の日差しのような天気の中、江ノ島まで国道134号線を走ってみた。車多すぎ(当たり前か)。証拠写真だけ撮影してとっとと帰る。

爆風チャレンジ チームTT&チームロードレース

 今日はスズキのテストコースでシクロ静岡さん主催のレース。昨年も出場し非常に楽しかったので今年も参加。最初にチームTTで成績で次のロードレースのクラス分けがされる。

 昨日の自転車部定例でチームTTの練習をしてみたのだけれど、全く走れず4人で最初に切れる始末。。。あかん、これは出張の食べ過ぎがたたっているんや。。。。。。失意のまま帰宅し、ほこりをかぶってたTTマシンを整備する。サドルポジションがちょっと納得いかない感じだったけど、久しぶりのせいで慣れないのだなと思い込む。

 さて、日曜日。自転車2台積んでスズキのテストコースへ。準備して試走に出かける。今日は風がない。久しぶりのTTマシンだったけど、めちゃめちゃ進む。うおおお、そうそうこの感じ。だんだん思い出してきた。2周の試走後、タイムトライアルのためにスタート地点に並ぶ。このコースはスタートして下り勾配なのでどうしても踏み込んでしまう。掛けすぎないように、とノブヤンさんに言いながらも本当は自分に言い聞かせる。

 すぐにスタート。ノブヤンさん絶妙なスムースさで出て行く。いい感じ!とちょっとテンション上がってしまって、こっちが速度を上げすぎ気味で先頭交代。でもまぁすぐに隊列を整えて突き進む。前半はギアを軽めでペース維持重視。バックストレートもいい感じでローテーション。Tーるさんがロードバイク参加にも関わらず良いペースを刻む。

 バックストレートも終わりに近づく頃にはちょっと全体が疲れてきたので、ここはTTマシンのけびんが長めに引く。まぁ実際はへこたれそうになってたけど、それはみんな一緒。後半の登り勾配でノブヤンさんが力強く牽引。その後3人で最後のあがき。ゴール。いやぁ、TTマシンいいなぁ。めちゃめちゃ気持ちいい。目標のロードレースAチームに入ったので休憩後はSDL8人でロードレース出場。スタート前に固まって並んでいるとカッコいい。。。

 あっさり、12周がスタート。直後からアッタク合戦始まる。そっかこうやって始まるのか、様子を見るために前目に移動していたら、数人が猛ダッシュで蛇行を繰り返す。ひやぁ、テレビで見るやつや。。。見とれている場合ではないので前目で展開。2、3周目? するっと数人が抜け出してそのまま集団から離れていった。周囲を見るとチームメンバーがみんないる。SDLは逃げに乗せられなかった。その後、招待選手の佐野さんが所々でグワ〜っとアタックするのを数人で追って速度を上げては、吸収される、を繰り返す感じ。先頭の逃げは決まって視界から消える。

 主に、Oワシくん、S水くん、E口さんと4人でなんとか上げていこうとするも、中途半端。先頭集団にSDLがいない以上、このままサイクリングするわけにもいかないので、けびんなりに引こうとしたんですけどね、、、、強力なメンバーばかりでけびんが少し動いたくらいではなんにも戦況変わらず、すぐに後ろに下がって休む。またしばらくして前に行ってみる。正直このころはもう前に追いつかないって考えてました。。。。

 ラスト2周に入る直前で休もうと集団の後ろに下がっていく途中で速度が上がり、付ききれずにおしまい。。。まぁ最終盤で切れるのはいいのだけど、どうしてもっと途中でチームに声をかけてまとまって集団を上げていこうって動けなかったかなぁ、、、、先頭にSDLがいない時点で取れる作戦はそれしかなかったのになぁ。。。。しかもそれを言い出すのはおっさんの役割なのになぁ。。。ああ反省。あとで聞くと、Oワシくんの強力な牽引で最後は先頭を捕まえたそうだし。。。あれを追いつくのか。。。。。さすが。。。

 レースは相変わらずめちゃめちゃおもしろく。また来年も出たいです。シクロ静岡さんありがとう!!

大磯クリテリウム シニアクラス 3位 からのヤビツ峠

 いやぁ、展開って難しいなぁ。

 ということで、大磯クリテリウムにノブヤンさんと参戦。遠州地域は朝からかなりの強風ながらも現地は微風で絶好の天候。アップしてると気温のせいか心拍の上がりが早い。

 シニアクラスは19名でスタート

 作戦は特にないけど、アタックには積極的に反応していこう。くらいか。

 序盤、今日もノブヤンさんは積極的に前展開、けびんは最後尾
19feb1.jpg

 ラバネロさんのファーストアタック。はい、反応していきますよ。
19feb3.jpg

 回収。
19feb4.jpg

 セカンドアタック。にも反応していきますよ。あ、この方優勝した方だ。
19feb5.jpg

 回収。
19feb6.jpg

 膠着状態で逃げれなさそうなので、こうなりゃSDLで行きますか!
19feb7.jpg

 あ、最終周を目前にサードアタック。これはチェックしないとね。
19feb8.jpg

 しっかり追って、メインストレート終盤で回収。
19feb9.jpg

 ファイナルラップのバックストレート(向かい風)はこの位置で展開。
19feb10.jpg

 最終コーナーの入りは2番手で突入。
19feb11.jpg

 さぁ、スプリント! いや、いつもの一生懸命漕いでるだけ。
19feb12.jpg

 前に追いつくどころか、後ろから刺される。。。。
19feb13.jpg

 微風が影響したのか、結局逃げれず、てか、けびんの逃げにキレがないし、スプリントもない。。。あれじゃ勝てないなぁ。3位商品でワコーズさんのハンドクリームQ10いただきました。表彰式でウォークライドの方に「もういくつも持ってるでしょ」って言われた。。。ですね、以前ももらった記憶があります。このハンドクリーム家族の評判がめちゃよかったので、またいただけて嬉しいです。

wako Q10

 さくっと撤収して次ははじめてのヤビツ峠。有名峠だけあって日曜の午後でもたくさんの人が登ってた。

 この看板の前で写真を撮りたいためだけにノブヤンさんを付き合わせてしまった。。。。ノブヤンさん、写真あざます。
19feb img_4




大磯クリテリウム シニアクラス 優勝

 やればできる子なんですよ。。。。

 ノブヤンさんと朝7時に自宅を出発。ちょっと現地到着が早かったけど、受付してアップを始める。どんどん風が強くなり、ローラーの上でもやや振られる。あーなんでハイトの高いホイールにしたんだろう。。。悔やみながらローラー回していると、突然チューブ破裂。実は昨日パンクしていて調べたらタイヤがサイドカットしてたので、内側からパッチを当てておけばいいだろうと(まぁ交換用のタイヤがなかったのですが)、安易に修理したのがダメだったみたい。まぁレースで起きなくてよかった、と前向きに捉え、ノブヤンさんに前後ホイールをお借りする。なんとのむラボホイールだ。

 んで、レーススタート。あ、K嶋さんに「前回のビデオ見ようと思ったんですけど、長くて最後まで ゴニョゴニョ」と指摘を受けたので(そらそうだ、他人の子供の運動会ビデオを20分も見せられたら、途中で確実に飽きるもんね)

ということで、実況写真。ウォークライドさんの公式ビデオから切り出しました。

1.jpg
 スタートラインからSDL50並んで発進!

2.jpg
 1.5周のニュートラル後のバックストレートでアクチュアルスタート。ノブヤンさん早くも「行ったるぞ」って感じ

3.jpg
 残り9周回、ノブヤンさん、周囲に「行かないの?」などとしきりにささやき作戦。

4.jpg
 残り8周回、体格の良い人が飛び出したので乗る。お、ヨネックスのフレームにe-Tapだ。。。すげ。

6.jpg
 残り7周回、あ、ダメだなこの逃げは、と早々に見切りをつけてバックストレートで踏むのやめて給水タイム。

7.jpg
 残り6周回、ノブヤンさんに捕まる。

8.jpg
 残り6周回のバックストレート、ノブヤンさんが先頭を引く。

9.jpg
残り5周回、100milesの人がちょっと前から行きたそうにしていて、バックストレートで踏んだのでしっかりマークする。
10.jpg
 二人で踏んだら、結構後続から離れた。

11.jpg
 そのまま二人で協調体制をとって逃げ続ける。風が強すぎたのでちょっとでも離れると取り返しがつかない感じ。狙っていたラストラップの向かい風メインストレートで腰を上げて引き離しにかかる。

12.jpg
 うまく引き離せて最終コーナーを回ったあたりで勝利を確信。まさか流すわけにもいかず、しっかり最後まで。

13.jpg
 んで、ゴール!!!

 ね、やればできる子なんですよ。

 優勝した副賞でアスリチューンのジェルをもらいました。

プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント