CASATI号のオーバーホール

 お年寄りのCASATI号は実はあちこちにガタがきていてだましだまし乗っている状態です。次回のブルベは400kmといよいよ本格的なロングランになるのでここらでオーバーホールしておかないと完走が危うくなりそう。

 まずは健康診断してみる。
 *ステアリングヘッドのナットがすぐに緩む。
   舌付きワッシャの舌が摩耗しているのが原因かなあと思ってたけど、舌付きワッシャだけがなかなか入手出来そうにない。一度フォークを全バラして再組み立てかなぁ。
 *左側クランクボルトが時々緩む。
   クランクとBBシャフトの勘合が緩くなってきているので長い距離を走ると緩む傾向にある。最近は緩まなくなったけど、ネジロックで固定すると分解の時にやっかいだし、8mmアーレンキーを持ちながら走るしかないな。
 *BBは大丈夫か?
   300kmブルベの後で自転車を掃除するのにひっくり返したらシートパイプから水がしみ出てきた。。。まずいなぁと思ってシートを外して逆さにしたら結構な量の水が出てきた。うーん、BBも水の影響出てるよなぁ。分解するの面倒なんだけど、やるしかないか。
 *ブレーキシューがもう摩耗限界
   20年前のブレーキシューをそのまま使い続けているので、もはやゴムではなく樹脂のように硬化していて雨天のブレーキ性能は本当に怖いくらい効かない、さらに摩耗もしているのでさすがに交換しないとな。という訳でオークションで入手したシューが下の写真

DSCF6050.jpg

   すごい、シュー1個分くらい摩耗しとるな。古いシューをホルダーから外すのにちょっと手間取ったものの新品はあっさり装着完了。

DSCF6053.jpg

 *ガイドプーリーの歯欠け
  リヤディレーラーの樹脂製ガイドプーリーの歯が一カ所欠けていることは前から気づいていたものの、1個くらいいいかとそのまま放置状態。ブレーキシューをオークションで探していると、ガイドプーリーも出品されていたので落札。新品未開封状態だったのでやや不安を覚えつつ開封。。。。プーリー回らん。固着しとる。

DSCF6055.jpg

DSCF6056.jpg
 
  Cレコードのガイドプーリーは両方ともカップ・コーンで分解可能なのですが、グリスが硬化しているを通り越してもはや結晶化してました。さすが20年モノは違うね。まぁこの程度で驚いていては古いカンパは整備できないので、さっさと分解してデグリーザーに漬込んでグリスを溶かしておきました。

 *フロントホイールアクシデント
  300kmブルベを完走し帰る支度のため自転車から前輪を外して車に立てかけ、自転車は車に積み込み、荷物も積んで、さて帰ろうと車をゆっくりバックさせたときになにやら異音が、あれ?ぶつかるようなものはなかったのに、と車を降りてみて見ると、自分の自転車の前輪をおもいっきり踏んでました。。。。ああああ。圧倒的コスパながら質実剛健を誇るシマノのR500もさすがに目視ではっきり分かるほど振れてます。まぁこのホイールも10年近く使っているのでそろそろ引退の時期かぁと、前後ホイールを新調しました。

 と、今日は健康診断して、自転車をばらばらにしたところで日没終了。うーん、ブルベは来週の土曜日なんだけど、無事に組み上がるのか?不安。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント