熊トレ 20回目 展開なんだよ、展開 

 先週よりは寒いけど我慢できない寒さではなく、シューズカバーもしっかり装着して家を出る。集合場所ではNobuyanさんと監督さんだけだったけど、すぐに本隊到着。2012年最後の熊トレ、今日も先発隊でスタート。Nobuyanさんが序盤から積極的に前に出て飛ばす、飛ばす、飛ばす。序盤は集団の後ろで様子を見て、山岳突入まではおとなしくしていようと思っていたもののローテで先頭交替した後数秒でNobuyanさんが前に、思わずつられて集団から飛び出す。なんだかNobuyanさんペースにしてやられた感じでしんどいまま山岳へ。

 山岳突入してピナレロさんと二人でぐいぐい走るもそのうちに一人旅に。残り6km看板でのタイムは29分台と最悪。ちょっと気が抜けてたら後方から4台が来て吸収される。5台ローテは先頭毎に個性があってなかなか面白い。最後の坂の入り口辺りで後発隊のトップ、Noriさんとコルナゴマスターさんに追いつかれる、、、って瞬間に飛び乗った。ここまでの平坦路は5人ローテだったので脚もまだ残ってる。二人にどこまでついて行けるか、懸命について行く。ガソリンスタンドまではなんとかついて行きたかったが心肺がいっぱいいっぱいでついについていけなくなる。ゴール前でピナレロさんと黒ナゴさんに交わされ先発3位でゴール。

 45分40秒(いやぁ、展開って面白いわ)

 下山は7人くらいのパックで麓へ降りてきた。両島交差点の仮想ゴールでスプリントになる気配がひしひしとあったのでちょっと人数も多いし危ないかなぁと、早めに仕掛けてみる。空中土管あたりであたーっっく。自分が単独40km/h超で走れる時間が分かっていないけど、まぁいいかと懸命に逃げる、が逃げ切れず後続に掴まる。いやぁ、逃げてみるって面白い。

 Nobuyanさんと監督さんで周智コースへ、山岳は監督さんと回しながら、途中乙さんも混ざっていい感じの練習になった。周智トンネルまでの登りは淡々と登って、トンネル後の下りに突入。三倉までは道も狭いし濡れているので抑え気味に走って、三倉の新しい橋あたりでNobuyanさんが引き離しにかかる。ここで離されるとまずいので懸命の追走を試みる。が、全然追いつかない。早めに追いつかないと、とあせるが、やっぱり全然追いつかない。逆にじりじり離され始めた、もうこうなると追いつけない。。。。元開橋まで独走でした。。。

 103km

 PS:乙さん、そろそろ熊トレデビューじゃないすか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

熊トレ・・・まず暖かい布団の誘惑を断ち切るのが課題ですw

Re: No title

ぜひ、布団の誘惑に打ち勝って参加くださいね。
プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント