熊トレ 21回目 今日もライバルに遊んでもらった

 昨日の疲れが多少脚に残っているものの6時に自宅を出る。早朝は風がないので気温は低くても楽にくるくる走る。いつものセブンで軽量化してホットコーヒーを店内でいただく。集合場所に到着してほどなく本隊も到着。

 今日も先発隊でスタート。道中一緒になることの多いCR−1さんも先発だ、うーん、実力的には後発だと思うんですが。。。今日はいい感じでローテーションが回る、こうでなくっちゃと順調に回していたら、いつの間にか先頭で少し逃げる格好に、、、あああ泳がされてると思うものの緩める訳にもいかずそのまま割と長い距離を一人で走る。まぁそんな逃げは続かないのでいつしか吸収され、山岳突入は5人程度だったか。

 最近の目安の残り6km標識まではがんばってみることにして、山岳をぐいぐい逃げる。残り6km標識は27分ほど、おお、単独にしてはいい感じじゃないか。振り返ると後続が割りと近くに見える。このままのスピードで追いついてくれると楽な展開になるんだけどと思いながらしばらくするとやはりCR−1さんが抜けてきた。何度も振り返ると気持ちが負けそうになるので、振り返らずに走っていると、CR−1さんのヘッドライトの点滅が路面を照らし出した。きた。平坦路を少し行ったあたりで追いつかれ、その後は二人で回す。いや、しばらくは回復させてもらうために後方待機。いつも26km/h程度で回すのだが、ここでがんばりすぎると最後の坂が厳しいし、かといってここで楽をするとタイムが出ない。むずかしいね。

 二人のまま最後の坂に入る。後方確認して後発隊をチェックするも派出所過ぎてもまだ来ない。HiroさんとNobuyanさんの姿が見える。CR−1さんは最後の坂も淡々と回しすぎず踏みすぎずいい感じのケイデンスを保ったまま。こっちはもうほぼ限界。いつもの展開ならガソリンススタンドが見えた辺りで先に行かれてしまうので、今日は行かれてしまう前に、腰を上げるんだと、先に仕掛けるんだ、と身体に指令を送るも、まだGSまで距離があるじゃん、と、拒否される。何度目かの決断でようやく腰を上げてCR−1さんを交わして、その後も引き離そうと、必死に回して、なんとかGSは先頭で通過。短い平坦、下り、最後の登りも、CR−1さんに気を使ってもらった感じで先頭ゴール。

 42分20秒 いい感じ。

 帰りは一人で周智コースをのんびり走っていたらK嶋さんに抜かされる。どうやら寝坊して集合時間に間に合わなかった感じ。周智トンネルまでの坂を良いペースで牽いてもらって、しっかり練習になった。山頂で少し休んで、今度は下り。K嶋さんは先に行ってしまったので一人でのんびり。

 三倉辺りまで降りてきた時に地元の女性らしき人が左腕に何かを抱えるような感じで歩いていて、最初はネコかと思ったら、ピーピー鳴いている。よく見ると小型の猛禽類(鷹だかノスリだか知りませんが)を左腕の革手袋みたいなのにとまらせていた。えええ、三倉あたりじゃ、飼ってる人もいるんだなぁ。

 さらに、帰り道にアクティ森に寄ったら、駐車場ででかい三脚にこれまた大砲のような望遠レンズをつけたカメラでなにやら空を狙っている人が数人。しかもその人達は上下迷彩服で望遠レンズも迷彩カバーで覆われている。どうやら鷹を狙っているらしく、この季節、森周辺は猛禽類ブームなんですかね。
 
 105km
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント