自転車部定例会参加 もがく

 毎週日曜日のお楽しみ「熊トレ」に明日は用事で参加できないので、今日は自転車部の定例会に混ぜてもらおうとがんばって早起き。周智コースは走り慣れていてどこまでがんばればいいか予測できるので気持ちが楽。太田川まではほとんど通ったことのないルートだったのでちょっと新鮮。森の元開橋から三倉までいい感じで進み、三倉から周智トンネルまで監督さんペースでしっかり練習、最後の坂でちょっと気持ち良くなってしまって先行させてもらう。「最終コーナー付近からもがくのだ!」との指示で、最後の右コーナー直前あたりから腰を上げてもがいてみるも、数秒でダウン、トンネルまではまだもう少し距離が残っているあたりで監督さんから「まだまだ!」との激が飛ぶ。慌てて腰を上げるも、やはり数秒で燃え尽きる。。。。せめてもう少しもがけないといかんね。

 山を下って、熊の親子で小休止して、峰小屋の登りへ。同行者の中で脚がつってしまった人がいたので、ちょっと様子を見ながら一緒に走って、登りに掛かったあたりでモリモリ登って行く。いやぁやっぱりTIME VXR PROTEAMは気持ちが良い!、年末にポチッとした定価46000円の45%引き、さらに5000円引きっていうスーパーディスカウントホイールも軽くていい感じ。

 ここの登りは2段階になってて、一旦短い下りのあと、トンネルまでまた少し登る。この登りにかかる辺りでようやく監督さんに追いつく。「逃げ切るよ」との言葉にややビビりながらも、まここからは下りだしね、とやや安心ペースで下りを開始、まさか追いついてこないだろうと思ってたのに、すぐにNobuyanさんが猛スピードでジョイント、3人でのローテーションになる。横川の道の駅まではしっかり下りなので良いのだけれど、ここからセブンまでは平坦路も多く、あああ、ここからまだ結構距離があるなぁ、と切れないように必死でローテ。

 後半になって、どうやって先行するかぐるぐる考え出すものの、行き着く結論はいつも同じで、平坦路では勝負にならないので、登り坂で勝負することにする。たしかローソン過ぎたすぐのところに短い登りがあるのでそこで仕掛けてちぎるしかない、と決定。平坦の速度を殺さないように勢いを利用して登り坂であたーーーっく。

 登りきって、下りを利用して40km/h超で逃げをうつ。あ、忘れてたエンジン全開は数秒間しか保たないんだった。。。勢いをちょっと失ったら、すぐにNobuyanさん、やや遅れて監督さん登場。

 ”「負ける」と考えた瞬間、負ける。” どこかの記事の請け売りですが、けだし名言とはこのことで、二人に並ばれて抜かれた瞬間、もう追えず、おしまい。

 あとはのんびり帰宅。

 80km
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント