エコパで東西対抗エンデューロ

 今日はエコパでエンデューロ。東西対抗ということで自転車部も東西に分かれて参戦。7時半集合で受付を済ませて、計測器をフロントフォークに取付ける。今回は計測器にすでにタイラップが通してあってあとはフォークに取付けるだけというなんて親切な。が、2本のうち1本をおもいっきりスポークごと締めてしまうという、のっけから「自転車レースあるある」をかましてしまいました。。。幸いにも受付にニッパーと予備のタイラップが「ご自由に」状態だったので、周囲に気づかれぬようニッパで切ってタイラップ交換しました。

 2周だけ試走してやはりいつもと同じコースなのを確認。1カ所ゴムマットのところで後輪が滑ってちょっとひやりとした。(これがレースになって影響がでるとはこの時は思わず)今日の作戦はエントリーリストを見るだけで先頭集団はけびんの実力以上のハイペースになるのが分かっているのでどこまで先頭集団に混ざって走れるか。あと前回は2時間半でダメになったので、今回は休む部分と掛ける分のメリハリを付けて補給も30分ごとにすることに。前回に引き続き100均マヨネーズ入れ(改)に数種類のエナジージェルを入れました(味なんかどうせ合成なのでなんでもいいのさ)。

 スタートは前めの位置でローリングスタート。坂にかかる位置でアクチュアルスタート。さぁ行きますか。まずは大集団なので落ち着くまでは慎重に走る。1周目の終盤、スタジアムに入る手前のコース真ん中で1台落車発生!集団が転んだ自転車を避けようと左右に割れる。目の前を走行していた自転車がコース脇の花壇に突っ込みそうになって止まった。必死に減速しつつ、右に交わしてなんとかクリア、その先の例のゴムマットで再び落車発生、今度は複数台が絡んだ。ここはそれほど危なくなかったが、これで集団が早くも分断された。

 まずいなぁ、最初から先頭集団からこぼれちゃったよ。。。必死に追走して先頭集団の最後尾が見えてはいるものの、ほぼ単独で追っているのでなんともならない。そのうちもう1台と協調する形で追うものの差はどんどん開くばかり。思わず「2台じゃつらいですね」って話しかける。

 そうこうするうちに後方から第2集団登場。この集団の速度感がちょうど良かったので追走疲労の回復に努める。20人近い集団で淡々と周回を重ねる。1時間半くらい経ったあたりで、ちょっと飽きてきてしまってモチベーションが下がり始める。かといってここから単独で抜け出す力もなく、やはり集団で淡々と、、、おそらく次に動きが出るとすれば先頭集団にラップされるときだろうなと、確か2時間くらい走ると先頭集団がやってくるはず。予想よりも早く2時間前に先頭集団がやってきた。案の定ペースがかなり違う。一瞬先頭集団と第2集団が混ざって、大きい集団になったあと、速いグループが形成されて集団から離脱してく、これに乗らないとジリ貧確定なので、気合い入れて追い始める。あー速すぎる。。。追えない。

 第2集団から抜け出てきた数人に吸収され、やはり第2集団に落ち着く。そのまま最終局面に入って行く。周回タイムから残り2周となり、早くも牽制ムード。ラストはどこで仕掛けるかみんな考えている様子。スタジアムに入ってからじゃなんとなく勝負にならない気がしたので、手前の車道の登りあたりから引き離す作戦でいくことに。そして最終周、集団前目でこなして車道の下り。さっきよりも速度が上がる、登り返しでまだ早いなと思ったら、横から女性がぐいっと行った。見逃す訳にいかず、ここからアタック開始、先は長いので噴射量を控えめにして、後続を引き離しにかかる。スタジアム前まで逃げて後方を確認、差は開いている。序盤で落車のあった登りを懸命にこなしてスタジアムの入り口もあせってかなり外にふくらんで進入、トラックに入って腰を上げる。直線に入ってゴールが見える。あれ、パワーが出ない。。。思わず腰をおろしてしまう。ゴールまで2m、あ!オカダマンジャージの人に差されて、ゴール。。。なんという情けなさ。

 9位(速報値)  おおお、初のシングルリザルトだ。

 ま、今日は脚も攣らなかったし、最後まで勝負集団に入れたのが収穫。ゴール前の走り方はもっと練習が必要だな。

 122km
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント