熊トレ 42回目 追加練でお疲れ

 今日は熊トレ。冬時間スタートなのでいつもよりのんびり起きて出かける。それほど寒くないけど、なんとも身体に切れがなく、ぼーっと走る。いつものセブンで缶コーヒーを買い、店内で暖まりながら飲ませてもらう。

 集合場所では20名ほど、3組編成の2組目に入る。後発組は熊トレエースが揃ってたので出発前から展開が見えるので回避。2組目は10名と大所帯になった。10名もいると思惑が色々なので速度も遅くなりがち。35km/h前後でまったりな感じで進んで後半のちょっとした登りが出てくるあたりでばらけ始め、第1山岳はゆっくり目で入ってみた。なんとか先頭でこなして平坦路でトレインの後ろについて休む。当然監督が入っているので、第2山岳で遅れないように呼吸を必死に整える。第2山岳に入るあたりからSs木さん、監督、けびんの3人になる。Ss木さんが調子良さげに軽めのケイデンスで、監督はいつもの感じ。遅れないように必死でついていく。なんとか登りきって平坦路へ。

 残り6km看板で26分半くらいだったか、タイムは遅いけど疲れ方はいつもと変わらない、不思議だ。平坦部も3人で30km/hペースでローテーション。このメンバーだと問題は派出所坂になるのは簡単に予想されるので、ローテしながらどうしたら回復するのか考えながら大きく呼吸してみる。ま、あまり変化はない。

 派出所の手前の森林コースで24km/hくらいに下がった。一瞬休めるな、と思ったもののこのまま二人を休ませて良いことはひとつもないな、と思い直して27、8km/hまで上げて牽く。あわよくばSs木さんを振り切る予定だったが、3人のまま派出所前の坂に突入。

 22km/hくらいで入って、序盤はいい感じだったが、予想通り監督が出てくる。まだ着いて行ける。中盤過ぎてSs木さんが腰を上げてアタック。10mほど先行、監督がケイデンスを上げて対応。けびんも、、、行けず。5m間隔くらいで3人が並ぶ。最後尾から二人を見ながら、GS前で最後のひと絞りが出る前に追いつこうとぐいっと行って3mくらいまで近づいたが、心拍がそれ以上に上がってそれっきり。二人はやがてGSまでのアタックに入って、お見送り。ここなんだよなぁ。。上がれんなぁ。

 GS後は二人とも流した感じだったので、悔しいので抜いて先着だけしておいた。ま、意味はないですが。

 41分25秒 タイムより3人で行けたのは収穫か。

 SDLで下山。めっちゃ寒い。空中土管を過ぎてもトレインで進行、さて今日の作戦は誰かがアタックしたらそれをマークする、誰も行かなかったら速度を上げて人数絞って、両島スプリント作戦。誰もアタックしないので、路面の悪い直線路で座ったまま速度を上げる、50km/hくらいか。Ss木さん、監督が着いてきて一回下がる。全力噴射してないから最後スプリント行けそう。で、行ってみた。一応先着したけど、あんまりスプリントって感じでもなく。やっぱりギアをもう1枚掛けんとな。イメージは昨日のIK田さんだったんだけどなぁ。。。鋭さが違い過ぎるのは承知の上。

 周智に一人で向かう。途中のローソンで肉まんとローソンコーヒーを補給。周智コースはダラダラにならないように淡々と。周智トンネルまでの登坂は重めのギアで展望台までダンシングで行ってみることにした。なんかいい感じ19km/hペースで上がれた。

 下ってきて元開橋まできてカワセミ湖まで行くことにした。元開橋からカワセミ湖までの道は幅もありきれいだしほとんど車も通らないので好きなコース。さすがに登坂はきつかったけど。今日はダムを渡って一周してそのまま来た道を下る。補給がなくペダル回す元気がなくなってきたので元開橋近くのデイリーストアでココアを補給。飲んだらちょっと元気になってそのまま帰宅

 120km 帰宅後使い物にならないパターンでひたすら寝る。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント