CASATIのはなし その3

 CASATIを購入した1990年始めころには完組ホイールという概念がまだなくて、ハブとリムとスポークを買って自分で組める人は自分で、そうでない人は自転車店で組んでもらうのが普通だった。

 当時の流行としてはまずはマビックGP4だろうということで、どこで買ったかもう忘れたけどリムを買って、カンパのハブと一緒に店に持ち込んで、ホシの14/15ダブルバデットスポークで組んでくださいと両国の自転車屋さん(たぶんイチカワ)にお願いしに行ったのを覚えている。そうだ、たしかこのイチカワのショーケースに入っていたサンマルコのコンコールを買ったなぁ。

 ちょうどその頃からトゥークリップからビンディングペダルに変わりかけていたころで、革ベルトで締めるよりもなんかかっこ良いだろうとLOOKの赤白のビンディングペダルを買った。

img_1.jpg

 ちょうどこのタイプだったような気がする。まさにスキーのビンディングを自転車に応用した感じのごついペダルで(今見るとなんかガンダムっぽいね)、はめはずしがめちゃめちゃ堅かった。これに合わせるシューズはあんまり選択肢がなかったように記憶しているが、ま、オートバイ業界ですし、ここはSIDIでしょう、と、黒/黄のを買った。その時の影響か今でもSIDIがカッコいいと思ってるし、エルゴ2を愛用してます。

sidi 1

 こんな感じで、普通はトゥークリップペダル用に樹脂の溝があり、そこにペダルをがっちりはめ込むタイプなのだが、ビンディングのクリートも着けられるように靴底に3つ穴が開けてあった。上で書いたようにビンディングがめちゃめちゃ堅いのと、靴底のナットインサートが弱くて少し使ったらクリートを固定しているボルトが相手のナットと供回りしてしまいせっかく買ったSIDIのシューズもすぐに使えなくなってしまった。。。その後はCレコのトゥークッリップペダルを買ってそれを使っていた。

 ハンドルはチネリのジロデイタリア、ステムもチネリ、カセットはレジナのアメリカ、チェーンもレジナの穴アキタイプ。こうしてなんとか自転車が出来上がり、当時住んでいた墨田区の寮から葛飾区の会社まで通勤に使うようになった。御徒町には当時から殿村さんのお店があって、時々行ってみるのだが、そこに飾られているウェアの派手さとレーパンの感じがどうにも恥ずかしくて(値段も高かったしね)、結局サイクルウェアってのは買わずにいたような記憶がある。

 自転車を買ったからといってどこに走りに行く訳でもなく、どちらかというとメカフェチなのでオートバイを修理しつつ自転車を磨く日々が続き、これではいかんとついにとある夏休みに東京から京都まで自転車で行ってみるという無謀な計画を企てるけびんだった。。。つづく。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント