自転車部定例 56回目 小笠練 

 今日は自転車部定例。朝から曇りがちで太陽が出ていないので寒い。なんとか7時半に家を出る。気温は低いもののほとんど風がなく、楽。集合場所では9人集まり、小笠練に向けて出発。エコパまでは淡々と移動、駐車場を回り込んで法多山方面に曲がったあたりから練習開始って感じ。

 が、このあたりからガーミンが衛星をロスト。ありゃ、しばらく放っておいたがずっと衛星を探しながら迷子になっているので再起動してみる。ようやく衛星を捕まえて動き出した。が、スタートボタンを押すのを忘れ、気合い入れて登った長坂峠は記録なし。がーん。まぁいいか。

 長坂峠からの下りはいつものようにゆっくり。信号で揃い待ちしてこぶコースへ、まずまずの感覚で登れた。今日は割と身体が軽く感じるな。学校横の長めの坂は無理せずゆっくり。登坂をすっかり避けてるなぁ。。。

 スズキ工場からは今日のテーマの高負荷練。西大谷の橋までの区間もいつもより全体の速度が出てる感じ、いやこのままの勢いじゃ最後まで保たないかも、とちょっと心配になる。で、橋を渡って本格コースへ、ラップを押して先頭に出る。テーマは300W。最初の頂点まで320Wほど掛けて先頭で通過、おそらくぴったり張り付いてきたSs木さんとOワシくんの3人パックになる。やっぱり単独より3人でローテを回すとすごい楽で平坦部では200Wも掛かっていない、後ろで数十秒休んでまた300Wまで上げて牽く。いやぁこれは良いインターバル練だわさ。

 クライマーの2人にこのままずっとついて行けるはずもないので、勝手ゴールとしていつもの看板まででラップを切る。で、二人からも切れる。

 西大谷 橋から幅員狭標識まで 2.5km
 278W(NP) 170/176bpm 5'03"

 トンネル手前までヘロヘロで上がって、左折して鉄塔へ向かう。左折後の序盤は結構勾配もあるし、路面もガタガタなのであんまり好きじゃないけど、少し我慢すれば勾配が緩むので単独でペースで登っていく。クライマーの二人はもう見えない。

 鉄塔で揃い待ちして、すぐに2周目に取り掛かる。下山中に落下したボトルを回収したりして集団がばらけて、長坂峠で揃い待ち状態になったので、峠は計測せず。トンネルからの下りはやっぱりゆっくり。こぶコースも今回は後ろから行ってあっという間に再びスズキ工場へ。

 2周目なのでみんなお疲れ気味になり、1周目よりはゆっくり目で橋まで移動。んで、再び計測開始で先頭に出る。最初の頂点を先頭で通過するも、後ろの気配を感じない。おや、抜け出しましたか、少しニヤリとしながら軽い下りをこなしていると、気配がきた。Ss木さんだ。Oワシくんはいない。前に出てくる様子がないので、このままいけるところまで牽引する気合いで回す、が、1周目よりは出力が出ない。。。あのカーブを曲がれば標識が見えるはず、、、、あ、間違った、まだ先だ。。。細いココロが折れる。途端に出力ダウンしたのでSs木さんが前に出る。後ろに、つく、つきたい、あー行ってしまった。。。

 西大谷 橋から幅員狭標識まで 2.5km
 270W(NP) 171/176bpm 5'07"

 練習にはなってるね。 

 鉄塔までにOワシくんに抜かれるのは想定内。鉄塔でも小休止程度にしてすぐに下山開始。高速ローテション区間では45くらいで流れている集団から誰かスプリントを掛けたらそれに反応する用意をしていた、Ss木さんがスプリント開始、すぐに反応すべく腰を上げるがうまく速度を上げられない。後ろに近づくのに精一杯な感じ。うーん、これじゃいかんね。最終局面に差し掛かったらギアを少し軽くして反応良く対応できるようにするとか、姑息な手段が必要か? ま、ここは単独では練習できないので、色んな場面で練習してみようっと。

 愛野のコンビニで休憩。あんまんだけが準備中でめちゃ萎える。だいたいコンビニの蒸し器の中の序列であんまんってピザまんとかのレギュラー選手に比べてぞんざいに扱われることが多いよね。なに?あのチキンクリームまんって、新人選手、蒸し器の最上段を独占しちゃってさ。あんまん序列向上委員会としては許せんな。

 いやぁ、いい練習になった。

65.3km TSS:174.0
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント