実業団白浜クリテリウム E3 1組 8位

 土曜日のタイムトライアル終了後、プロツアーのチームTTを見てあまりのかっこよさに驚く。その日の宿で温泉に2回も入り、おいしいご飯をいただいて早々と寝る。早く寝すぎて日曜日は案の定、5時頃に目が覚める。監督会議に出るために早めの朝食を済ませてチェックアウトし、会場に向かう。

 E3のスタートは10時くらいなので、30分ほどローラーでアップして車検に向かう。待機場ではそれほど心拍も上がらずこれまでで一番落ち着いている感じ。ローリングスタートなのでスタート位置は気にせず、係員の呼び込みがあってスタート地点後方に並ぶ。スタート地点のすぐ横には救護エリアがあって、E3レースの前にプロツアーの予選で落車した選手が数名手当を受けていた。ひどい怪我の人はいなかったが、これからレースする人にとってあまり見たくない光景ながら、スタートするまで数分その場でじっとしているので否が応でも見ることになる。。。けびんの左となりに体格のいい外国人選手がいたので、「スタート前にはちょっと見たくないよねー」って英語で話しかけてみた。(お、けびんも余裕出てきたな。)「はは、ソーネ」と外国人選手。まさか彼とは後であんなことになるとは、予想もしなかったのでした。

 時間がきてスタート。クリートキャッチ見事に失敗。あーあ。ほとんど最後集団でノロノロスタート。ローリングはバックストレートでアクチュアルスタートになり、戦闘開始。今日の作戦はこれまでより前で展開してポイントに絡む動きをする。1周目は様子見のまま周囲の感じを確認。ひどく危ない感じはない。メインストレートに戻ってきたときに若干上り勾配がついているのと、逆風の影響で集団速度が下がっておのずと横に広がってしまう。そのときの横への動きでどうしても密集度が高まり、接触も増える。やっぱり前にいないと危ない。

 2周回のバックストレートで前の方に上がっておいて、ポイント周回の3周回目のバックストレートはかなり掛けて先頭がしっかり見える位置まで上がり、ターンしてメインストレートで全開、が、ゴールラインまで保たずに後ろからグサグサっと差され、全くポイントにかすりもせず。しんどくなってちょっと休む。6周回目も9周回目も積極的に動くが同じような展開で周囲の速い人と勝負になっていない。。。まずいなぁこのままじゃ。

 最周回。「さぁラスト!」いつものように周囲に声を掛けて、実は自分に気合を入れる。バックストレートで思いっきり掛けて前に出て、最後のターンもペダルも当たらずうまく回れた。ここからはUstreamから切り出した画像で解説いたします。

e31.jpg
ゴール付近のカメラが捉えた先頭争い。けびんは矢印の位置。この時の先頭はちょっと伸びない感じ、それよりけびんから見て右前にいる選手がいい動きをしていたのでそこに乗る感じ。

e32.jpg
先頭の選手がラインを変えたのが分かる。けびんの前の選手は早くもスプリント態勢で腰を上げ始めている。

e33.jpg
先頭はVC福岡の選手に交代、けびんは大きな白線を越えてからでないととてもスプリントできない。が優勝することになるVC福岡の選手は白線手前から全開。最高の位置取りじゃねーか。

e34.jpg
大きな白線を越えて、けびんもスプリント開始。位置は最高ながら、先頭との車間が詰められていない。しかもいつものようにスプリントっていうより、”いつもより一生懸命漕ぐ”感じから脱していない。。。それにしても先頭選手のスプリントかっけーな。チェッカーが画面に映ってる。。。

e35.jpg
先頭をぴったりマークのまま突き進む、お!けびんの左横にでかいのがきた。あ、例の外国人選手だ。

e37.jpg
あらま、頭上がっちゃって、もうだめなのか、外国人にまくられてる。。。

e38.jpg
もっとも情けない状態。先頭と外国人はしっかりスプリント継続。けびん本人は必死にスプリントしてるつもりなんですけどね、カメラに嘘はつけませんなぁ。

e39.jpg
見えたゴールラインだ。

e310.jpg
外国人選手にぐっさりやられて3位。この時はクリテリウムで初めてポイント取れたので、嬉しさばっかりで、クールダウンですれ違った外国人選手とお互いにサムアップを交わしたりしてたんですが、最終リザルト見るとどの周回だろうがポイントはポイントなわけで、1点ではお話にならず表彰対象にも絡めず。。。。けびんを交わして2位になった外国人選手は3ポイント獲得してきっちり入賞。あーなんじゃこの差は。。。情けない。

あまりの悔しさに出店で来ていた移動クレープ屋さんで生クリームたっぷり入ったチョコバナナクレープを思いっきり食べてやりました。。。。

IMG_0773.jpg

 それにしてもTime VXR Pro-Teamはよく走る。ZXRSは未だに乗せてもらってる感じが強く、VXRには乗ってる感じが強い。ホイールをもう少ししっかりしたものにすればまだまだ戦える。

 なんとか結果が出せた大会になったので、これまでの練習は間違ってなかったなと。同時に課題も明確になってきて、スプリント態勢でもがき切る。ってどうやったらいいのかね。。。。
平らな路面のレースはもう秋までないので、それまでしっかり練習しようっと。

 あー面白かった。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>スプリント態勢でもがき切る。ってどうやったらいいのかね。。。。
隣の奴より前へ!
前だけ見て、自分がイチバンって踏み切るだけです。

いろいろ考えるのは、スプリントに入る前までですよ。

Re: No title

相変わらず、きびしいなぁ。。。

前だけみて踏むようにします!

No title

勝負だからね!
どんなレースでも勝者は一人
迷い無く踏むだけです。
私は、それを2008年の八ヶ岳で学びました。

Re: No title

どのレースでもまだテッペン取ったことがないので、迷いなく踏めるように練習しかないですな。。。師匠もお身体ご自愛ください。

プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント