Stages Powerの電池カバー交換しました。

 Stages Powerの電池カバーの爪が3本ともあっさり折れて、カバーが密閉できなくなった。仕方なくカバーで蓋してテープでぐるぐる巻いてさらにタイラップで縛り付けるというやっつけ仕事でしばらく使ってました。

 こんなかんじ。

IMG_0979.jpg

 でも、ボタン電池をカバーで押し付けて接点を保持している方式なのでちょっとタイラップが緩むと電池接点が不安定になり、Stages Powerを認識しなくなるという問題があって、難儀していました。ある日、同じ症状で困っていたH部くんがカバーを入手できるので一緒に頼みましょうか、とありがたい申し出。早速予備も入れて2個入手しました。

 これ。なんかぼけてるけど。

IMG_0978 (1)
 成型日付をみると2015年5月製造。折れてしまったカバーは2014年4月成型だった。さて触った感触では以前のカバーはナイロンっぽくて爪がなよっとしていたけど、ちょっと硬度が上がってカチッとしたかな?錯覚かもしれんけど。Oリングはオリジナルのオレンジからグリーンになってた。

IMG_0981.jpg

 Oリングにはシリコン系グリスを使うように指示されてた。。。あ、持ってない。仕方ないのでフツーのグリスを薄く使う。石油系のグリスはOリングが膨潤してしまう恐れもあるのでシリコン系の方がいいのだけどね。

 Stages Powerの弱いところはカバーの爪強度と防水性にあるようです。爪強度は経験したのでわかりますが、防水性については幸いに被害にあっていないものの、構造を見るとカバーの一部からOリングが見えてるんだもんなぁ。これはさすがに防水性に心もとないっすよね。

 そこで自己融着テープでこの部分を密封。今まで電装用テープを使っていたけどどうしてもノリ残りがするので変えてみました。この自己融着テープいいかんじ。

IMG_0982.jpg

IMG_0983.jpg

 Stages Powerのかっこいいところは、ゼロリセットをスマホアプリでできること。アプリを起動してブルートゥースでつないだらさくっとゼロリセットできてしまうのがなんかハイテクでかっこいい。。。オートバイもこれくらい簡単にセットアップできるようにならんかね?。


 


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは
自分のは爪はまだ折れていないのですが、他の問題があるのでいろいろ調べてました。そしたら電池カバーの改良型があるという記事を見かけました
http://nyroadbike.blogspot.jp/2015/08/stages5.html
米国Stages社とやりとりされている方で、浸水被害にあっているようです
どうやらけびんさんが入手したのもこの改良版ですね
(自分も先週知ったのでオーダーしました)

Re: No title

TTマシンとロードと併用で使えるので重宝してるんですけどね。車体下部にあるので防水性は大事っすよねー。
プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント