大磯クリテリウム シニアクラス 3位

 2016年最後のレース。寒くなってもしっかりローラーを回して、過去のシニアクラスビデオの展開も見て、調整十分で勝ちを狙ってたんだけどなぁ。。。

 7時に家を出て、予定通り9時半ころに現地着。雲空でちょっと肌寒いが、風はいつもよりなさそう。ローラーで体を温めてたら、見知らぬ方に「あのぉロサンゼルスのO野さんと走ってます」って声を掛けられびっくり。SDLロス支部のO野ちゃんと同じジャージ(まぁ当然ですが)だったので、声を掛けてくれたらしい。クリスマス休暇で一時帰国中のその方もレース出場するようで、さすがにロスから自転車を持ってくるわけにもいかず、借り物らしかったが、さすが自転車乗りは気合が違うね。

 シニアクラスは初出場なのでやや緊張しながらスタート地点へ。1周半のローリングがあるので余裕を持って12周レースのスタート。やっぱりいつもより風は弱いけど、ローリング中は寒くて震える。。。アクチュアルスタート後、想像よりもペースが早い。1、2周してほぼ最後尾をウロウロ。いやぁ序盤からみんな早いなぁ。

 まぁシニアは体力よりも戦略重視な方が多いので、向かい風バックストレートは横に広がったり、蛇行気味に集団が動いたり、そうこうしているうちに、3人くらいがするする抜け出した。おや、危険な匂いのする距離があいたぞ。。。。こんなところで躊躇してはなんのために練習したかわからないので、バックストレートで集団から抜け出そうとするもへんな位置で囲まれて抜けれない。。。いよいよ危険な逃げの雰囲気がしてきたので、最終コーナーから追い風のメインストレートで一気に単独ブリッジを敢行。1コーナーでもまだ追いつかず、バックストレートでも全開走行。観客から「死ぬ気で追いつけ!」とゲキをもらう。そうっすよね、消えかけのマッチしか持っていないシニアは何回もブリッジかける余裕なんてないものね、集団から抜けたなら、前に追いつくしかないわな。

 最終コーナー回ったあたりで3名の尻尾をつかんだ。

 1回ローテを休ませてもらって、息を整える。まだ集団から完全に抜けたわけではない。改めてメンバーを見ると、ナルシマのコルナゴさん、TEAM ARIのTIMEさん、あと緑ジャージの方。4名でローテーション。1コーナーは折り返し気味なので、後ろの集団がよく見える。少しタイム差はあるが広がってない感じ。「このまま最後まで行きましょう」4名の意思統一はばっちりだった。レースはこうでなくっちゃ。わくわくしてきた。

 TEAM ARIの方は絞った感じの長身で速そう。ナルシマのコルナゴさんは余裕な感じ。緑ジャージの方はちょっとつらそうか。。。大磯はコース全体が見渡せて逃げが決まりにくい印象を持っているので、どこまで差がついたら逃げ確定なのかよくわらない。残り2周回の1コーナー折り返しで後ろの集団と少し差が開いたことを確認、ほぼ確定だな。とようやく思えた。

 そして最終周回、イメージはバックストレートで後ろから仕掛けるんだ作戦だったんだけど、メインストレートで速度を乗せて、集団先頭で丁寧に1コーナーを回って、後ろをみると集団はさっきより離れている。よし、確定。バックストレートへの立ち上がり、スムーズに加速してそれ以上踏まない牽制を入れるも、この時先頭集団は3名になっていて、後ろの2名はぴったりマークのまま。。。まずい。。。。軽めにペダルを回しながら、けびん、TEAM ARI、ナルシマの順でバックストレートの半分近くまできた。何度も後ろを振り返って、アタックに備える。このまま先頭ダッシュするか?ふとそういう思いにかられるが、反応されて終わりそうなので、こののんびりペースをジリジリと過ごす。

 ついにTEAM ARIアタック!!!!

 必死で反応するも、ワンテンポ遅くてその後ろのナルシマさんにも抜かれる。最終コーナーも前2名と少し差が開いたままゴールスプリント開始。。。。全く届かず。。。。完敗。。。結局ナルシマさんのスプリント勝ちでした。

 最後の展開がまずくて勝てませんでしたが、まぁ面白い勝負はできたのでよしとしますか。

 さて、次はエキスパートクラスです。。。なんか脚にきてますが、気のせいでしょうか。。。。

 続く。



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント