ローラー練習のお供にはシクロクロスの動画が最適

 3本だろうが固定だろうがローラー練習環境は周囲の時空が歪んでいるので、時間が普通環境よりも進みません。3秒がこれほどまでに長いのか、20分と永遠は同義語なのか、と日々思い知らされます。

 まぁ、そこで心をだますために音楽や映像を使って時間の進みを早めるのですが、最近気に入っているのはシクロクロスの動画です。グランツールなども良いのですが、ローラーのお供にはやや単調なので、そこへいくとシクロは1時間でレースが終わりますし、コースも変化に富んでいて飽きません。

 先日見た女子世界選手権のシクロクロスのレースがまぁ面白い。白熱したレースでした。ので、いつもの動画からの切り出し映像でハイライトをお伝えします。

 シクロクロスは集団デットヒートになりにくく、落車や機材トラブルでもない限り、だいたい力関係順でレースが形成されます。
 
 そんな中の最終ラップ、世界王者7回獲得しているオランダの選手が2位のベルギー選手を引き離して、余裕の力走を見せ、周囲もこれは勝負あったな、という雰囲気が流れる。
feb4 1

 ところが、先頭のオランダ選手が直線をこなして、クランクに進入し2個目を折り返したときにトラブル発生!チェーンが絡んでストップ。
feb4 2

 2位のベルギーの先週がその脇をすり抜け、ついに先頭に立つ。
feb4 3

 チェーンを直してすぐにレース復帰、二人の差はほぼなくなり、レース展開が俄然面白くなってきます。
feb4 4

 王者オランダ選手は舗装区間でベルギー選手を交わして再度先頭に。
feb4 5

 こんな階段を自転車担いで何回も登るんだもんなぁ、信じられん。
feb4 6

 王者との差がなくなったのでベルギー選手の気合が一気に高まって非常に面白展開に。そしてこのレース最大の見せ場、下りキャンバーに差し掛かります。U23やら男子エリートやら何人もの選手がこのキャンバーに苦戦して落車してるので、最大限に慎重に自転車をコントロールして下る必要があるのですが、
feb4 7

 先頭のオランダ選手が割と慎重に下る中、慎重に下っていては勝てないと、ベルギー選手は猛然と突っ込み、下りきった壁をギリギリでクリアして立ち上がっていきます。
feb4 8

 速度を乗せたままクリアした分、立ち上がりの勢いが全く違って、
feb4 9

 並ぶ!
feb4 10

 交わす!
feb4 11

 ゴール前最後のダッシュも、前のベルギー選手は全く後ろを気にせずひたすら踏みますが、オランダ選手はたまらず、振り返ってしまいます。。。ゴール前で振り返っちゃおしまいですよね。
feb4 12

 ゴーーーーーーーーーール!!!!
feb4 13
feb4 14

 アルカンシエルかっけー。
feb4 15

 あんまり面白くて、ローラーのメインセットの間の休憩が長くなってしまいました。ローラー練習にとってもオススメです。
 2017シクロクロス世界選手権女子
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント