大阪〜東京 キャノンボール2017 準備編

 昨年の同時期に大阪発のキャノンボールに挑戦したが箱根で心が折れてしまって、完走はしたもののキャノンボーラーにはなれなかった。

 昨年の教訓として500km以上は走れないなぁと実感したものの、まぁ失敗したままで終わるわけには行かないので、再戦の準備を始める。

 昨年はなぜ失敗したのか?

1)機材
タイヤを新しいものにしなかったために表面にややヒビがあった。ここに路面のガラス片が入り込みスローパンクの原因となった。
2)コース取り
先人達のコースマップを予習し、重要部分はメモに書き起こしてトップチューブケースに入れたものの、文字が小さく、位置も手前すぎて走行中に読めない。さらにメモ内容も不十分だったために迷走し、無駄に距離を重ねた。
全行程での平均時速ばかり気にして自分のペースで走れなかった。道中必死でペダルを回して平均時速を(少し)上げて、コンビニで休憩すると短時間でも一気に平均時速が下がってメンタルをやられた。。。
3)補給
「空腹を感じてからでは遅い。」というのは自転車乗りの金言であるが、それだけ陥りやすいということ。箱根で心が折れたのではなく、その前段階からハンガーノック気味で身体が動かなったのではないか。

 今年の準備

1)機材
ホイール/タイヤ:昨年はパワータップを使ったが今年はフツーのアルミに、タイヤはコンチネンタルグランプリ。使って数ヶ月経つけど、ひび割れはない。
外部電源:昨年はトップチューブケースに外部電源を入れて使ったが、やはりトップチューブケースがどうしても好きになれず、走行ストレスでしかない。若干動くし、ダンシングでひざと干渉するし(しそうな感じだし)。
そこで今年は円筒形の外部電源をハンドルバーに装備。
ライト:VOLT800と頭につけるヘッドランプの2灯体制。昨年は乾電池式のライト2灯だったので大きい割に明るくないし、ハンドルバー上で固定位置が動くし、ということでメインをLEDリチウムタイプにして、ヘッドランプは乾電池式。

2)コース取り
初手からGPSを導入する気はないので、昨年ミスコースをした部分のコースマップを確認し、また間違えないようにおさらい。さらに静岡県の一部を除き、ほとんどの行程をストリートビューで実際に確認し、紙にプリントして右左折部分の風景を覚える。(キャノボ挑戦者はどうも静岡が長すぎると嘆く人が多いが、まぁ潮見坂から箱根の山頂まで静岡県ですしね。わかりますけど。。。静岡県西部在住者としては、潮見阪から富士川くらいまではテリトリー内なので、皆が気にするバイパス回避もそれほど苦にならない)
ペース表は悩んだ。
どこの場所まで何時くらいに着いていたいかというペース表を作る人は多いけど、なかなか場所はイメージしにくいので、昨年の失敗から今年は行程を25kmラップで刻んでラップ毎に達成に必要な平均速度内で走れるように表を作成、ラップ毎に時間貯金ができたか、借金か、分かるようにした。
2毎のシートをラミネートしてアウターケーブルにタイラップで取り付ける。いやぁデュラ7800の触角はこういうときに役立つ。
3)補給
やっぱりジェルって食べた気がしないので、豆大福6こ入りをバックポケットに、あとはおにぎり都度買うことにした。

IMG_2215.jpg


 前日に大阪入りしてホテルにチェックイン。が、早く着きすぎてまだチェックインできず。仕方がないので輪行袋から自転車を取り出して、荷物を預ける予定の大阪北郵便局を下見する。この郵便局は24時間開いているのでスタート前にここから日本橋郵便局へ局留めで荷物を送る。

 周辺を自転車でぶらぶらしながらスタート地点も下見。早めの夕食を食べたり、大浴場でのんびりしたりする。

 さて、今年はどうなる?



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント