大磯クリテリウム エキスパートクラス 6位

 せっかくレースに出るので、ダブルヘッダー。実業団登録E2、E3クラスのエキスパートへも出る。勝負に絡めるかどうかわからないけど、シニアをこなしたのでちょっと気楽。が、参加選手がめちゃ若くて(まぁシニアに比べればみんな若い)今度は展開よりも体力重視な感じ。

 17周のスタート。アクチュアルスタートが切られた瞬間、ものすごいダッシュが始まる。えー、最初からこれかぁ。。。とびびる。直線はすぐに1列棒状な感じ。必死についていこうとしてすぐに諦める。このペースで最後まで行けるわけがない。すぐに周囲に合わせるのをやめてとにかく脚を回さずついていくことに決める。追い風のメインストレートなどはほとんどペダルを止める。バックストレートもとにかく風を受けないように。

 そうこうして周回を重ねると、自然に前の方に上がってきた、っていうか周囲が疲れて下がっていく感じ。中切れの気配だけ気にして、そこは早めに埋めながら徐々に上がっていく。それにしても速い。シニアと比べ物にならない。下手するとこっちが中切れ起こしそうな感じ。

 人数は多いけど経験者ばかりなので不用意にフラフラする感じがなく、密集でも安心感がある。そうそうラインで思い出したが、レースだとよく「ラインキープ!」の声が掛かるが、海外では「HOLD LINE!」って言う。ニセコのレースでオーストラリア人が言ってたから、確か。

 密集はそれほど怖くないけど、1コーナーの小さいカーブはペダルヒットさせる人が多く、自分も何度か軽く擦ってしまった。コーナーを曲がって自転車をしっかりたててからペダリングが基本だけど、まぁ終盤のコーナー立ち上がりでは少しでも早く加速させたくてどうもペダルをヒットさせてしまう。。。終盤に一人が派手に地面をペダルで蹴って、落車。後続が数台巻き込まれた。

 最終周回のころには前から10番以内には上がっており、これは最終周のバックストレートでの位置取り勝負になることが明確になってきた。風が強いと、本当に脚力のある人との差がつきやすいが、今日のような風だと多くの人にチャンスがあるので、おのずと位置取り勝負が激しくなる。

 その最終周回バックストレート。立ち上がりから懸命にダッシュして加速し、最後の位置取りに備える。シニアのように牽制もへったくれもない。ストレートの半分くらいのところで猛烈なアタックがあちこちで始まる。3列くらいの車列でアタックが開始され、けびんも懸命についていく。この感じいいなぁ。。。誰が最終コーナーを最初に飛び込むかで勝負が決まる感じ。

 その最終コーナー、5、6番手で入っていくのが精一杯な感じ、、と、イン側から元気な人が飛び込んできて最終コーナーへアプローチしていく、そのスピードじゃ、膨らむ危険が、、、やはり膨らみ気味になってアウトを回っていた二人と接近。。。。絡まなかったけど、減速を余儀なくされる。けびんはそれを右手に見ながらスプリント開始。が、力が足りずに6位。

 いやぁ、シニアとエキスパート。レース展開は全く違うけど、どちらもとても自転車レースらしいいい緊張感のあるレースでした。怪我せず最後まで走れたので2016年の締めくくりとしてはいい感じ。

 さて、ラファ500kmがんばりますか。

大磯クリテリウム シニアクラス 3位

 2016年最後のレース。寒くなってもしっかりローラーを回して、過去のシニアクラスビデオの展開も見て、調整十分で勝ちを狙ってたんだけどなぁ。。。

 7時に家を出て、予定通り9時半ころに現地着。雲空でちょっと肌寒いが、風はいつもよりなさそう。ローラーで体を温めてたら、見知らぬ方に「あのぉロサンゼルスのO野さんと走ってます」って声を掛けられびっくり。SDLロス支部のO野ちゃんと同じジャージ(まぁ当然ですが)だったので、声を掛けてくれたらしい。クリスマス休暇で一時帰国中のその方もレース出場するようで、さすがにロスから自転車を持ってくるわけにもいかず、借り物らしかったが、さすが自転車乗りは気合が違うね。

 シニアクラスは初出場なのでやや緊張しながらスタート地点へ。1周半のローリングがあるので余裕を持って12周レースのスタート。やっぱりいつもより風は弱いけど、ローリング中は寒くて震える。。。アクチュアルスタート後、想像よりもペースが早い。1、2周してほぼ最後尾をウロウロ。いやぁ序盤からみんな早いなぁ。

 まぁシニアは体力よりも戦略重視な方が多いので、向かい風バックストレートは横に広がったり、蛇行気味に集団が動いたり、そうこうしているうちに、3人くらいがするする抜け出した。おや、危険な匂いのする距離があいたぞ。。。。こんなところで躊躇してはなんのために練習したかわからないので、バックストレートで集団から抜け出そうとするもへんな位置で囲まれて抜けれない。。。いよいよ危険な逃げの雰囲気がしてきたので、最終コーナーから追い風のメインストレートで一気に単独ブリッジを敢行。1コーナーでもまだ追いつかず、バックストレートでも全開走行。観客から「死ぬ気で追いつけ!」とゲキをもらう。そうっすよね、消えかけのマッチしか持っていないシニアは何回もブリッジかける余裕なんてないものね、集団から抜けたなら、前に追いつくしかないわな。

 最終コーナー回ったあたりで3名の尻尾をつかんだ。

 1回ローテを休ませてもらって、息を整える。まだ集団から完全に抜けたわけではない。改めてメンバーを見ると、ナルシマのコルナゴさん、TEAM ARIのTIMEさん、あと緑ジャージの方。4名でローテーション。1コーナーは折り返し気味なので、後ろの集団がよく見える。少しタイム差はあるが広がってない感じ。「このまま最後まで行きましょう」4名の意思統一はばっちりだった。レースはこうでなくっちゃ。わくわくしてきた。

 TEAM ARIの方は絞った感じの長身で速そう。ナルシマのコルナゴさんは余裕な感じ。緑ジャージの方はちょっとつらそうか。。。大磯はコース全体が見渡せて逃げが決まりにくい印象を持っているので、どこまで差がついたら逃げ確定なのかよくわらない。残り2周回の1コーナー折り返しで後ろの集団と少し差が開いたことを確認、ほぼ確定だな。とようやく思えた。

 そして最終周回、イメージはバックストレートで後ろから仕掛けるんだ作戦だったんだけど、メインストレートで速度を乗せて、集団先頭で丁寧に1コーナーを回って、後ろをみると集団はさっきより離れている。よし、確定。バックストレートへの立ち上がり、スムーズに加速してそれ以上踏まない牽制を入れるも、この時先頭集団は3名になっていて、後ろの2名はぴったりマークのまま。。。まずい。。。。軽めにペダルを回しながら、けびん、TEAM ARI、ナルシマの順でバックストレートの半分近くまできた。何度も後ろを振り返って、アタックに備える。このまま先頭ダッシュするか?ふとそういう思いにかられるが、反応されて終わりそうなので、こののんびりペースをジリジリと過ごす。

 ついにTEAM ARIアタック!!!!

 必死で反応するも、ワンテンポ遅くてその後ろのナルシマさんにも抜かれる。最終コーナーも前2名と少し差が開いたままゴールスプリント開始。。。。全く届かず。。。。完敗。。。結局ナルシマさんのスプリント勝ちでした。

 最後の展開がまずくて勝てませんでしたが、まぁ面白い勝負はできたのでよしとしますか。

 さて、次はエキスパートクラスです。。。なんか脚にきてますが、気のせいでしょうか。。。。

 続く。



 

スタジアムエンデューロ in ECOPA 2時間ソロ 2位

 まぁ、安定のシルバーコレクターですよ。2014年の2時間ソロは3人逃げの最終局面で前を差し切れず2位。2015年の4時間チームはライダー交代の回数で二人組みに負けて2位。そして2016年は大事な場面で前に乗れず、2位。

 さて、一応1ヶ月ちょっと真面目にローラー練習したので、2時間エンデューロならなんとか最終局面まで残れそうな感じで参加。試走まで時間があったので法多山らへんで暖機運転、その後試走を2周してスタジアムに戻ってきたらもう大勢並んでいる。最後尾から数えたほうが早いくらいの位置。まぁローリングスタートだしコース幅の広いところもあるし、あ、すぐ後方にしゅんけすさんまでいる。じゃ、なんとかなりそうか。

 で、スタート。先導はマトリックスの向川さん。エコパで何度も先導してもらってて絶妙な先頭コントロールなので非常に安心。ローリング中に前の方に無事潜り込む。

 風は強くないし、序盤中盤ととくに何もなく進行。いつものようにきついカーブの前は前走者との距離をとって脚止めてなるべくブレーキかけないように進入して軽く出ていけるように心がける。車道側の長い下りへのアプローチもかなり多くの人がダンシングで鋭く加速していくが、座ったままぐいぐいっと数回ペダリングしてあとは惰性で下っていく。前からは遅れるけど登り返しで追いつくので、追いついてブレーキかけるくらいなら、ゆっくり追いついても結果は同じ。先頭集団内の絶対的パワーランクだと勝てる見込みがないので、「え、エンデューロってブレーキかけない競争でしょ?」と決め込む。

 レースも3分の2を過ぎて、公園側の登り区間で先頭としゅんけすさんがスルスルっと抜け出した。今日の2時間レースのポイントはここだった。タイミングが絶妙で少し空いた車間が埋められない。行かないと、いや、多分追いつく? この逡巡がダメ。集団側にいたマトリックスの向川さんが「あーここなのになぁ、勝負の分かれ目は」とおそらく心でつぶやきながら、それまでのお付き合い走行から一転、ダンシングで一瞬で前の二人に追いついてそのまま行ってしまった。

 この瞬間に反応するためにエンデューロはあるのに、あーあ。仕方がないので集団で進行。終盤なのでなんか周囲も熱くなってきてまぁまぁローテが回る。しばらくすると前方にしゅんけすさんが見えてきた。お、これは追いつくな。で、回収。まだ一人先行しているはずだが、ゼッケンとかジャージとか確認できていなかった。

 追走集団は2位争い集団になり、最終ラップへ。おっかないサブグランドからの下りコーナーも無難にクリアして公園側登りにアプローチする下り基調でスピードを乗せてそのまま登りに入る。なんか一人で盛り上がってしまい、単独で勢い良く登り始めてしまう。これは全くの無駄。登り後半でしんどくなってやや左に寄って集団を待つ。なんて意味のない走り。

 スタジアムに先頭付近で入らないとこの集団内で勝てないので、下り過ぎないように最前線あたりで車道の下りに入っていく。かといって早駆けもダメなので、今日はうまく登れていたスタジアム前の最後の登りで3番手あたりにいることを目指す。

 車道を下って、登り返し。みんなちょっと牽制気味で横に広がりかける。目の前の人が右側を上って先頭に出ようとしたのでついていく。

ここからは一緒に先頭集団を走っていた方の動画から切り出した映像でお届けします。Inabaさん勝手に切りとりました。迫力の映像ありがとうございます。

26Nov1.jpg
牽制気味でから前に出たので、この方の後方につけるけびん。

26Nov2.jpg
マーロン、行ったぁ!ちょっと早くないか。。。(あ、補給食ゴミのポイ捨て止めたほうがいいよ。)

26Nov3.jpg
コーナーアプローチでかけると怖かったので、コーナー出てからマーロンを追う。

26Nov4.jpg
右コーナーからの最後の登りでマーロンとの車間を詰める。このとき左ふくらはぎを猛烈に攣る。しゅんけすさんも追撃態勢。

26Nov5.jpg
一番大事なスタジアムへのアプローチ。攣ったままなので軽めのギアのままマーロンを射程に捉える。

 スタジアムのトラックに入って、スプリント開始。右も攣る。。。のでギアを掛けられず、1段軽いままマーロンを交わしてゴール。した瞬間右からしゅんけすさんが現れた。。。あぶないあぶない。

 まぁ、2位争いなのでやったぁ!という感じでは全くなかったけど、しかも優勝者は1分くらい前を独走だし。。。
ゴール後、優勝者から声をかけられて、思い出した。2014年に3人で一緒に逃げてその様子を動画に撮ってくれた若手さんだった。おおおお。今や実業団で絶賛売り出し中の様子。なんてことだ、やっぱりあの局面で前についていかないといけなかった。。。これじゃシルバーコレクターからの脱出は難しそうだ。。。

 表彰式で浅羽のおまんじゅうとミカンを副賞でもらいました。おいしくいただきました。

ヒルトン小田原スプリントヒル 準決勝敗退

 まぁ、ブログはさぼってますが、自転車はぼちぼち乗ってまして、こんなレースにも出てました。うかつにもサイコンを持ってくるのを忘れてしまって、苦手な坂道のデータは全く残っていません。

 約800m、平均勾配約7%ながら、所々15%とか20%とかあるホテルまでの坂道を2回の予選走って着順上位者で準決勝、決勝を行うというイベント。

 予選は2回ともに3着で、「おーなんかいけるかもな」とか思っていたのですが、3回目の登攀となる準決勝ではスタートした瞬間に、「あー脚にきてる」と実感し、14人中10人が決勝に残れるにもかかわらず、ぶっちぎりのドベ。決勝進出ならず。。。。

cw1.jpg
Photo by Cyclowired


Movie by cyclowired

ま、その後のホテルでの昼食と温泉付きだったので、似合わない高級ホテルの温泉をしっかり堪能しました。

ふじのくにカップ 第2戦

 土曜日にチーム代表によるTTと2時間エンデューロ。日曜日はチームTTとチームロード。な、ふじのくにカップ。

 広いテストコースを走れるだけでも感謝ですな。土曜日のチーム代表TTに出場。ゼッケン順で1番スタート。前に目標がいないのはとても走りにくいけど、まぁ仕方がない。しかも2番手がハンパもんさんと来た日にゃ、どこで抜かれるの?状態でスタート。出だしが若干の下り基調なのでいつもの失敗で突っ込み気味で入る。TTなのにシケインをこなして長いバックストレートに入った時にはもう心拍が過回転領域に。。。耐えながら走るもだんだん速度が垂れてくる。。。

 2個目のシケイン出口でハンパもんさんに豪快に抜き去られる。。。やっとのおもいでゴール。20チームの参加でTTマシンは3人ほどだったので、さすがにノーマルバイクには負けなかったけど、2位。安定のシルバーコレクター。

 次の2時間エンデューロは講習会中の怪我でキャンセル。走りながらハンドル上で腕を交差する練習?っていきなりやってましたが、小学生のときにふと思いついて走りながら腕を交差させてみたら、どっちにハンドルを切るのか分からなくなって、おもいっきり転んだことを思い出したので、びびってほとんどやりませんでした。。。。

 不完全燃焼で土曜日を終えて、日曜日。

 日曜日は楽しみにしていたチームTT。5人合わせての練習ができていないので試走時間にローテなど練習。まぁ、普段一緒に走っているので、ローテーション自体は非常にスムーズ。2周した感じから、目標を10位以内、9分切りに設定。

 またもや一番最初の出走なので、前にだれもいない。対象が見えないとなかなか頑張れないものですが、スタート。スムーズに加速していく。土曜日の個人TTはとてもメーターや周囲を気にする余裕がなかったけど、さすがにチームTTは休める時間があるので、メーターで速度確認しながら進む。今回はお揃いユニフォームなので、隊列の後ろから眺めていると、非常にかっこいい。

 途中で後発に追い抜かれたのは残念だったが、無事に9分をぎりぎり切って10位以内に入れたので目標達成。

 少し時間をおいて次はチームロード。大本命桜台レーシングへの厳しいマークのなか、E口さんが最前線で積極的に動く。このコースで逃げるのは至難の技なので、けびんとしては自分からは動かず、動いて先行する人も見送って、先行者を追う動きがあったら必ずついていく。という走りで常に前方展開。コース広いし、参加人数もそれほど多くないし、インターバルがかかるようなコースレイアウトでもないので、それほど危ない状況ではないけど、やっぱり集団のなかにいると少しおっかない。

 ノブヤンさんは終始インコース側で展開。一度、集団に囲まれて出たかったんだけどうまく抜けられない場面でノブヤンさんがイン側をスーッと軽く上がって行った、これに合わせるようにノブヤンさんの後輪を掴んでスルスルっとついて行ったらうまく上がれた。いいね、このチームロードっぽい感じ。

 残り5周のときにコークスクリューっぽく左に巻きながら下って登り返し気味のところでうまく速度を乗せられて、ばらばらっと7〜8人で前に出た。みんな後ろを気にしながらどうするか決めかねているところで、速度の乗ってた先行3人にぐっとブリッジしながら、「行ける行ける!」と声をかける。メイン集団が少し離れているし、桜台のRyoさんも含まれていて、すぐに4人の意思が固まってバックストレートの始まるあたりから超高速ローテーション開始。数秒で先頭交代し、50km/hで逃げを試みる。このコースは逃げが決まりにくいのは十分分かってるはずなんだけど。Ryoさんは余裕な感じだけど逃げモードに入ったみたいで、ローテ速度がレベルの違う領域に入る。一応言い出したのはけびんなんだけど、一番最初につらくなって、声が出る。。。「大丈夫、もう少しがんばろう」誰かが声をかけてくれる。目の前に登り勾配の頂点が見える。あそこまでいけば、、、、、ごめん、行けません。。。集団につかまる。

 距離的にはバックストレートの半分程度、時間にしてほんと1分かそこらだと思うのだけど、いやぁ、いいなぁ。楽しいぞ。集団に捕まってからは中で休む。幸いにも消耗しきっていないので、最後はもう一回前でやれそうな感じ。

 残り周回も3周以下になってくると、張り切って前に出てくる人もいるが、単発的な動きなので割と放置。

 まぁ、勝負は最終周回のショートカット部分を出てからだろうな、とみんなが思ってたはず。で、その場面に差し掛かる。ショートカット部分のコーナーは3人並走で満員な感じだけど、本コースに出てくるとコース幅が目一杯広いので、みんな広がる感じ。ちょっと位置が悪くて、10人以上前にいる状態でショートカット部分から本コースに出てきた。囲まれるほどではないけど、ちょっと抜けにくい感じのかたまりの中で前方ではスプリントに向けた動きが始まっている。いやぁ、行かんとまずいでしょ、とみんなよりやや遅れて腰を上げてダッシュ始める。あれ、いい感じに掛かるね。心肺とギアがしっかり噛み合ってぐいぐい上がれる。少し遅れてダッシュしはじめたのがよかった感じで、登り基調のラストは最後まで伸びない選手もいて、何人か抜いてゴール。6位。

 曇りがちだったことと、風がそれほど強くなかったので、道中も最後も非常に楽しくレースができた。

 いやぁ、ぜひ毎年続けて欲しい。
プロフィール

けびん

Author:けびん
好きなもの:ゆるい登り坂と追い風
好きじゃないもの:180以上の心拍数
欲しいもの:折れにくいココロ
なりたいもの:パンチャーのフリしたルーラー

アクセスカウンター
カレンダー
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
気になるお天気
走行距離
Amazon商品
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント